記事

敗軍の将、元シャープ会長が日本電産で活躍

あつまろです。

日本電産の好調要因のひとつとしてスマートファクトリー(工場)がありますが、これを推進しているのが元シャープ会長の片山幹雄氏と言われています。今回は日本電産と片山氏について見ていきます。

「スマートファクトリー事業」

IoTをもちいたスマートファクトリー(工場)施策を掲げて、既に日本電産社内では人数抑制による高生産の工場の仕組みが整ったという自信を持つ永守社長の号令の下、これから全世界の日本電産の工場がスマート工場化していきます。そして自社の工場をショールームとして、これらのシステムや部品を含めて外販していくという一大事業になってきています。それを推進したのが片山氏です。

「3年前の永守社長から片山氏への言葉」

3年前の永守社長の言葉です。
片山さんはまだ56歳。40代で大きなチャレンジをした。たまたま失敗しただけ。経営能力は判断の回数と挫折で決まります。失敗したら反省して、次の決断に生かす。その積み重ねが経営者を磨くわけです
ここから3年、すっかり成果を出したわけです。永守社長は片山氏に対して、自分の経営のバトンを委ねる候補として期待し、機会を与えてきています(実際に経営を継ぐかはわかりませんが、きっとそうやっって多くの人が競い合いになるんでしょう)。カリスマ経営者の大きな課題として、次期経営人材の育成がありますが、永守社長ならではのやり方なんでしょう。

「課長職レベルの大量外部登用」

ちなみに片山氏だけでなく日本電産へはシャープから大量に技術者が流入したそうです。日本電産では家電モーター事業の拡大も目指していて、その家電の知見をもつ人材が入ってきているのは追い風ですね。課長1000人登用と謳っています。経営人材も現場人材も、新卒からの内部だけでなく外部から採用してうまく成長していけるようなモデルを構築中ですね。

あわせて読みたい

「日本電産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  7. 7

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  9. 9

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  10. 10

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。