記事
  • L.star

マスコミはもっと偏向報道しろ

NHKスペシャル「生活保護 3兆円の衝撃」の残念さ

などを見ながら、大変だろうな・・・と考えていた。個人的にはもっとつまらないがBLOGOSでも時々あって、「そこじゃないだろ!」というセンセーショナルな部分をトピックに抜き出されたりするわけで、おかげで荒れたりすることもある。まあBLOGOSの件は別に実害があるわけではなく、ほほえましく眺めていられる程度だから別に良いのだが、鈴木教授ぐらいになるとさぞかし大変であろうと思う。

ところで上のブログの内容とは直接の関係がない話だが、世の中ではこういうのを「偏向報道」と取り上げていたりするのであるが、L.starは「マスコミの偏向報道」とやらいうものは考えるのも馬鹿馬鹿しいと思っている。ん?タイトルと違う?その辺はおいおい埋めていくとして、まずは観測事実としての「偏向報道」ではなく、その発生理由から追っていきたい。

増える情報、増えない帯域



マスコミュニケーションというのは、ブロードキャストにデータを伝送することが非常に得意だ。一方で帯域は限られている。テレビの場合1日最大二十四時間。新聞だと4-50枚程度ということになる。

これは昔なら相当の量だったのだろう。しかし、今の時代情報は指数関数的に増えているうえ、帯域幅のほうはなかなか増えない。不十分な帯域の中で適切に情報を伝達するためには、大胆な編集が欠かせない。しかし情報が増えれば増えるほど、編集はどんどん難しくなる。今回の鈴木氏のコンテンツも1時間半以上しゃべって収録一分、わずか1%では正確な引用はほぼ無理である。

編集力が上がっているかどうかはよく分からないが、むろん個人レベルでの優劣当たり外れは大きく存在する。としても、総合レベルで下がっていると考える理由は「最近の若い者は」とか「マスコミ自体の腐敗」とかそういうのを除けばあまり見つからない。とはいえ仮に腐敗など無い!と仮定したところで、編集力の上昇は線形だろう。

となると「収穫逓減の法則」により、指数関数で増える情報を消化することは出来なくなる。実際には腐敗等々があるからもっとひどくなる。

×「マスコミの偏向報道」
○「マスコミの総花主義的報道はオワコン」



こういう状態が明らかになったのはブロードキャストの伝送が容易かつ帯域も広いネットが普及し始めた時点からなのだろう。例えチェック機構が働かないとはいえ、ネットに氾濫する大量の情報を見たあとでは、マスコミの帯域幅不足はもはや明白であろう。この「帯域幅不足」こそが「マスコミの偏向報道」として観測されているものの事実だ。

同様の事実は例えばBLOGOSでもトピックスのタイトル(15字前後)やTweet(URL、ハッシュタグ、タイトルまで含めて140字)でも当然存在しうるし、実際観測できる。また、デマやデモなどについて「どうしてマスコミが放送しないのか」というのも説明可能だ。そういう苦情に取り合って全部まじめに放映するようにしたら、1日240時間あっても足りないだろう。

これに対処する方法は3つ考えられる。

編集力の向上
1つは編集力をあげて、とにかく上手に圧縮して情報量をふやすこと。これには業界の自浄努力や一層の勉強などが必要。多くの人がこれで解決できると思っているであろう。実際、鈴木氏が今回遭遇したような「編集の失敗」問題は個人スキルに帰結する。もちろん努力は続けるべき、と言う点には異論はないが、しかし帯域幅不足と言うより大きな問題については、こんな根性論的方法はすでに限界だろう。フジテレビ問題も原発デモ問題も、編集取材力でどうにかなる話ではない。

帯域幅の増強
帯域幅の増強も可能であれば解決策として素晴らしい。がそもそも困難なのがマスコミのメカニズムである。既存のテレビ・ラジオ・新聞は、物理的に限界だ。単純な多チャンネル化は可能だが、明確に分離できない限り中途半端な各個撃破対象になるだけだろう。

一方ネットとの連携は数少ない有望株で、例えば特集番組とあわせて取材データの公開などのようなことも可能であろうが、今のところこの進展ははかばかしくない上、当初から劣るブロードキャスト性と勝る帯域幅という特性を考えて設計されているネットメディアがこっちの方向から猛追してきている。

敢えて偏向を強化
最後は総花主義なフルラインナップを改め、一部の情報をあえてばっさりと切り捨てた「偏向したメディア」になること。地域テレビ局なんかはそういう路線に近くはあるが、特定の主張、特定のコンテンツに特化すれば、今までより多くの帯域を1コンテンツに振り分けることが出来るようになる。ブロードキャスト性を保ったまま情報量を減らすためには、一番の手法だろう。

全国ネットの場合、特定思想に偏向することだ。代表的なのは日経と財界とか、朝日の左翼、産経の右翼あたりだが、こういった風潮はこれからさらに強化されていくだろう。

偏向するメディアの対立が勢力軸に



これでタイトルの「マスコミはもっと偏向報道しろ」につながる。帯域幅不足という問題に対処するために、彼らはむしろ偏向報道を激化させるしかないのだ。

これは日本の政党政治の崩壊を食い止める3つの選択肢とはで考察したことと重なる。やはり総花主義的な支配的与党による日本の政党政治を、分裂した政策政党間の妥協による連立に変えろ、と言う話だが、マスコミもやはりまたそういう方向に向かわざるを得ないだろう。そして次のステージでは「じゃあその分裂した勢力群がどのように妥協を形成するか」という話に進んでいくわけだ。


そんなわけで「偏向報道は良くない」とあちこちで言われるなか、L.starは敢えて全く逆のことを主張したいわけである。
マスコミはもっと偏向報道しろ!

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  3. 3

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    携帯料金 値下げは1000円程度か

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。