記事

終戦の日に日本の自主独立について考える

1/2

 久々のブログでの執筆です。最近はプレジデントオンラインビジネスジャーナル等に多く執筆しているので、そちらも併せてご覧あれ。

 本日で終戦、もとえ敗戦から72年。今年も靖国神社に参拝するとともに、千鳥ヶ淵戦没者墓苑に拝礼してきた。連日降り続く雨に加えて、筆者が靖国神社に到着した時は雨脚が強まっていたこともあってか、昨年や一昨年と比べて参拝者は少なくなっていたように感じた。いわゆるネトウヨや軍服モドキのコスプレイヤーの類が今年は激減していたのではないかと思う。(逆に言えば、彼らはその程度ということだろう。)

一方、千鳥ヶ淵は、海外における戦没軍人と一般邦人の遺骨が納められているというのに、今年も人影はまばら。なんとも釈然としない。こうして先の大戦の記憶が風化していく一方で、戦後教育とそれへの屈折した反動も合わさって、虚構混じりに大戦が後世に伝えられていくことが大いに懸念される。(これは左翼と呼ばれる人たちにとっても、右翼と呼ばれる人たちにとっても、である。)

 そしてそのことは、我が国を取り巻く国際的な環境の変化、とりわけ国防・安全保障を巡る環境の大きな変化にどう対処していくのか、もっと根本的には我が国の自主独立をどう確保していくのかということと密接に関係している。なぜなら、過去の大戦を偏見なしにできる限り客観的に直視するということは、我が国が置かれた立場、状況を理解するにおいて、必要不可欠だからである。

 我が国は、戦略もなく、中国への無意味な戦線拡大によって米国等と衝突することになり、資源確保のための南方への進出も余儀なくされ、自らの戦争遂行能力を大幅に超えた米国との全面戦争に、戦略もなしに引きずり込まれた。そして米国に打ちのめされ、完敗した。戦争が終わったのでもなければ、軍部による軍国主義、ファシズムから解放されたのでもない、日本は戦争に負けたのである。まずこのことを、日本は敗戦国であるということを出発点として改めて認識しなければならない。

 アメリカの戦争の最終目的は、日本を二度とアメリカに立ち向かうことができない程度に破壊すること。(マッカーサーは日本をフィリピン以下の経済水準にすることを当初目指していたそうだ。)その目的は基本的にはその後も変わっていない、少なくとも「二度とアメリカに立ち向かうことができない程度に」という点についてはそうである。

自衛隊の創設や経済復興はあくまでも米ソ冷戦、東西対立が始まったという事情の変更によるもので、冷戦が、東西対立が終結すれば、アメリカにとっての自衛隊の位置付けや日本経済の状況の意味も変わってくる。

 日米同盟と呼ばれる日米安全保障条約は、冷戦期は日本を西側陣営に繋ぎとめるとともに日本を、自衛隊を東側陣営に対する防波堤として利用するための道具として位置付けられた。これが冷戦が終結すると、日本はアメリカの仮想敵国として再び位置付けられるようになり、日本に自主防衛力を持たせないよう抑え込む道具として位置付けられるようになった。

あわせて読みたい

「終戦記念日」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  2. 2

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  3. 3

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  4. 4

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  5. 5

    パパ活女性200人超が犯罪被害に

    NEWSポストセブン

  6. 6

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

  7. 7

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  8. 8

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  9. 9

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  10. 10

    低調な安倍内閣も信頼感ない野党

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。