記事

「自民には疑似政権交代が起こるような論争必要」と船田元氏

【衆議院議員の船田元氏】

 保守ならば天皇陛下を敬愛し、皇室の将来にわたる繁栄を望むはずだが、安倍・自民党は陛下のご意向を無視して女性宮家創設の議論には一向に着手しようとしない。自民党はなぜ変容してしまったのか。船田元・衆議院議員に聞いた。

──自民党の変貌の原因はどこにあるのか。

船田:1つは安倍総理がご自身の考えに近いお友だちを重用したせいで、多様な意見が総理に届きにくくなった。安倍総理の一強が続いた影響で、党内でも大いなる忖度が働いてしまっているのです。

 もう1つの問題は選挙制度です。小選挙区制度で、カネも公認権も党本部に集中した。その結果、党本部、ひいては官邸が、選挙区、資金、議員のポストなどすべてを掌握するようになった。いわば、官邸が自民党議員の生殺与奪権を握っているような状態です。

──生前退位について自民党内での議論は、党幹部14人で構成される「天皇の退位等についての懇談会」で非公開で行われた。他の議員には意見を文書で提出させた。議論の場すら設けられていない。

船田:私は文書を提出しませんでした。天皇の生前退位という慎重に議論すべき問題に対して、意見を文書でしか受け付けないという執行部の姿勢はいかがなものかと思い、抗議の意味で提出しませんでした。

 もちろん総務会など、意見を言う場はあります。かつては異なる意見があれば、方針を変更したり、案を修正したりするということがよくありました。しかしいまは、のれんに腕押しという感じです。意見を聞き置くだけで、幹事長や政調会長に届いているという実感がありません。

 より深刻な問題は、異論を唱える議員の顔ぶれが決まってきていること。しかもその発言に対して他の議員が「またか」と嘲笑する空気すらある。これでは活発な議論が生まれるわけがない。

──都議選の惨敗はそのような空気を有権者が感じ取った結果ではないか。次の国政選挙で自民党は議席を大幅に減らす可能性もある。

船田:確かに小池新党が国政に打って出れば自民党は苦しい立場になるはずです。

 有権者からの信頼を取り戻すために、自民党は風通しを良くし、活発な議論を行う場を設けなくてはなりません。それがただのガス抜きで終わるのではなく、官邸が多様な意見を汲み取る仕組みを作るべきです。

 重要なのは、その議論の過程を国民に示していくこと。いま憲法改正の議論を党内で行っていますが、有権者の方々から、議論の過程が見えないという声を頂きます。憲法改正には、国民投票という非常にハードルの高い手続きがあるので、情報の開示がなおさら大切になってきます。テロ等準備罪のような強引な採決をしていれば、反発は強まるばかりです。党内でどのような議論をして結論に達したのか。一部始終を知っていただくシステムを作る必要があります。

──国民政党と言われた時代の自民党のように、多様な意見を集約するには何を変えなければならないか。

船田:私は、党内に本当の意味での政策集団としての派閥を復活できれば、と考えています。かつては立場や考え方が違う派閥同士で意見を戦わせていました。自民党のなかで「擬似政権交代」が起こるほど政策を競って、本気で意見をぶつけ合う必要があるのです。

●聞き手・構成/山川徹

【PROFILE】ふなだ・はじめ/1953年栃木県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。1979年、25歳で衆議院議員に初当選(現在11期)。昨年、夏の甲子園で優勝した作新学院の学院長も務める。

※SAPIO2017年9月号

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  6. 6

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  7. 7

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。