記事

口から摂取するグルコサミンは、膝や股関節の痛みには効きません!

グルコサミンのサプリをお使いの方には結構衝撃的な話です。BMJというしっかりした論文の解説になります。(衝撃の報告「グルコサミンは効かない」! サプリメントの過剰摂取で副作用の危険も)(HEALTH PRESS(ヘルスプレス)という医療・健康について話題のトピックを発信する情報サイトからの記事です。このサイト初めて知りましたけど、「芸能人の健康問題や最先端の医療など、幅広い健康・医療情報をお届けします」と説明には書かれています)

今売られているグルコサミンサプリ。口からとっても関節にはその成分は届かないし、痛みは改善するはずはないと整形外科の先生を中心に医療界では話されていました。

実は2000年台前半にひざ等の痛みに効果があるという論文が出され、それを根拠に欧米を含め全世界で売られているのですが、この論文の作者がCOIで問題(業者から研究費)ではないかということが言われ(これも困ったものです)、ここ最近様々な臨床試験でグルコサミン、コンドロイチンの内服の効果は否定され続けています。

プラセボとの差はグルコサミン、コンドロイチン含めてない。セレコックスという痛み止めとの差もない!(痛み止めはいらない?)。2年間ぐらい飲んでも大きな副作用はない。 つまり飲んでもいいけど気休めですよというもののようです。

以前坐骨神経痛について書いたことがあるのですが、本当整形の痛みって難しい。ヨガとか運動とかプラセボ含め精神的要素がものすごく入っているんですよね。安静が一番ということです。

あわせて読みたい

「サプリメント」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  2. 2

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  3. 3

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  4. 4

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  5. 5

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  6. 6

    韓国が協議非公開破り事実捏造も

    城内実

  7. 7

    就職後も残る学歴コンプレックス

    不登校新聞

  8. 8

    堀江氏も敵視 急な電話は非礼か

    キャリコネニュース

  9. 9

    南北朝鮮が東京五輪ボイコットも

    天木直人

  10. 10

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。