記事

橋爪大三郎氏 「日本人とフリーメイソン」の秘史をひもとく

2/2

◆明治政府との紳士協定

 さて、日本にいる外国人は治外法権に守られていたが、1894年、イギリスと日本のあいだでまず条約改正が成立した。

 これにともなって、外国人には日本の法律が適用される。1887年、政府は保安条例を定め、無届けの集会を禁止していた。では、フリーメイソンの集会も、当局の監視のもとに置かれることになるのか。

 そこで、イングランド系のフリーメイソンの代表者だったW・H・ストーンらは、外務大臣と面会して、この件を交渉することにした。条約改正が近いのをにらんでのことである。

 その結果、日本政府は、フリーメイソンの集会を監視と取り締まりの対象としないことを約束した。その代わりに、フリーメイソンに日本人を入会させず、宣伝もしないことを約束させられた。

 これは、口約束の紳士協定だったが、1941年に大東亜戦争が始まって、国内のロッジがすべて閉鎖されるまで、効力があった。この交渉は、1890年代の後半のことと思われる。

 こうして日本人は、フリーメイソンのことを知らされず、フリーメイソンにもなれない状態に置かれてしまった。陰謀理論がフリーメイソンを叩いても、フリーメイソン側は紳士協定に従い沈黙を守っていたので、一般の人びとは、フリーメイソンに対する漠然とした不審と疑惑の念を抱くことになった。

◆鳩山一郎首相もメイソンに

 日米開戦が近づくと、民間人はつぎつぎ本国に帰国し、「横浜ロッジ」は休止状態になった。外交関係者の多かった「ロッジ東方の星・六四〇」は、集会を続けていたが、12月8日の開戦と同時に当局に急襲され、ロッジにあった書類や備品が押収された。

 押収品は、主要都市のデパートで、展示会を開いて一般に公開された。ドイツでのやり方をまねたものだという。東方の星のメンバーは、半年ほど抑留されたあと、交換船で出国した。

 日本が敗れると、ロッジが再建された。「ロッジ東方の星・六四〇」は、かつてのロッジ・マスターで14カ月も収監され過酷な取り調べを受けた、マイケル・アプカーが戦後最初のロッジ・マスターに。

「ロッジ兵庫、大阪・四九八」は、かつてのロッジ・マスターで同じく投獄された、ジョセフ・レビーが戦後最初のロッジ・マスターに、就任した。戦後、各地に新しく開設されたロッジは、フィリピンのグランド・ロッジから承認を受けた。

 東京に開設された「東京メイソニック・ロッジ」は、日本人を受け入れようと、フィリピンのグランド・ロッジに申請を出して受け入れられた。1950年に、日本人が初めて参加を認められた。皇族では一時、東久彌宮殿下がメンバーだった。1955年には鳩山一郎首相が、第三階級のマスターメイソン(最上位の階級)となっている。

◆日本グランド・ロッジを訪問すると

 日本のメイソンは人数も増え、フィリピンのグランド・ロッジから独立する機運が高まった。1957年、東京に各ロッジの代表が集まって、日本グランド・ロッジの設立を決めた。初代グランド・マスターに選出されたのは、ベネズエラの外交官カルロス・ロドリゲス=ヒメネスだった。

 日本グランド・ロッジは同年中に、海外の12のグランド・ロッジから承認を受けた。現在、傘下に15のロッジを擁し、世界の150あまりのグランド・ロッジのほとんどと相互承認を結んでいる。

 このグランド・ロッジは、旧水交社(海軍士官の親睦団体)の敷地建物の払い下げを受けて、芝(東京タワーの近く)に所在している。会員のメイソンは、日本人よりも外国人のほうが多く、主に英語を用いている。

【日本グランド・ロッジによれば、同団体の会員総数は1972年に4786人を数えたが、それ以降は減少傾向にあるという。現在は約1600人。そのうち日本人は約200人という】

 内部をひと通り、見学させてもらった。ブルー・ロッジ(三階級の儀礼を行なう)の前の戸棚のようなところに、白いエプロンが何枚もしまってあった。

 儀礼のとき、メイソンたちが身につけるのだという。ブルー・ロッジは、長方形の部屋で、写真でみられるあちこちのロッジの内部と類似していた。


【儀式を執り行うブルーロッジ。中央に祭壇がある】

※小学館新書『フリーメイソン 秘密結社の社会学』より

●はしづめ・だいさぶろう/1948年生まれ。社会学者。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。主な著書に『はじめての構造主義』、『はじめての言語ゲーム』、『ふしぎなキリスト教』(大澤真幸氏との共著)、『世界がわかる宗教社会学入門』『あぶない一神教』(佐藤優氏との共著)、『日本逆植民地計画』、『だめだし日本語論』(橋本治氏との共著)など多数。近刊に、『丸山眞男の憂鬱』など。

あわせて読みたい

「フリーメイソン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  2. 2

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  3. 3

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  4. 4

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  5. 5

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  6. 6

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  7. 7

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  8. 8

    「ワクハラ」を騒ぎ立てる日本、ワクチン証明を義務化する欧米

    内藤忍

    09月20日 12:53

  9. 9

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  10. 10

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。