記事
  • LM-7
  • 2010年10月17日 11:50

あから2010合議サーバログを可視化してみた

1/4
10月11日に開催された清水市代女流王将とコンピュータ将棋「あから2010」の対戦は「あから2010」の勝利となった。コンピュータが将棋のプロを破った初めてのケースである。対局前の展望、技術解説、棋譜再現Flashなどは次のエントリを参照いただきたい。

さて、情報処理学会は、棋譜と合議サーバのログを公開している(今気づいたが、各プログラムの読む筋も追加されている)。コンピュータ将棋や囲碁の掲示板ではYSS開発者の山下氏がログについて簡単な解説を行っている。そこでスクリプトを組んで、各プログラムの合議過程がなるべく見やすくなるように可視化を試みてみた。

本来の性能を発揮していなかったあから2010



あからは激指、GPS将棋、Bonanza、YSSの4プログラムを採用している。これらのプログラムは169台676coresからなるクラスターシステム上で稼働するが、さらにバックアップマシンとして各プログラムに6coreのXeonマシンが1台ずつ用意された。そのため、クラスタ/バックアップあわせて総計8つのプログラムの合議制となっている。各プログラムはそれぞれ重みに応じた票を持っており、得票の多い手が合議で選ばれる。各プログラムがもつ重みは次のとおりだ。

プログラム重みハードウェア
激指
2.9
Xeon W3680 3.33GHz
6cores
Bonanza
1.9
Xeon W3680 3.33GHz
6cores
YSS
1.9
Xeon W3680 3.33GHz
6cores
GPS将棋
1.0
Xeon W3680 3.33GHz
6cores
GPS将棋クラスタ
1.0
Xeon 2.80GHz,
4 cores 109台
Xeon 2.40GHz,
4 cores 60台
合計 169台 676 cores
激指クラスタ
0.1
Bonanzaクラスタ
0.1
YSSクラスタ
0.1


GPS将棋以外のクラスタの重みが0.1と極めて小さくなっているのは、山下氏によればテストが十分にできなかったためだという。この表を見れば一目瞭然なように、あから2010は膨大なコンピュータパワーをほとんど有効に使っておらず、バックアップマシンで動いていたと言っても過言ではない。あから2010は本来のパフォーマンスを全く発揮していなかったのだ。事実、激指クラスタは3回、GPS将棋クラスタは1回のシステム再起動が記録されている。まだ、クラスタは実戦投入には荷が重いようだ。

合議サーバログ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  3. 3

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  4. 4

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  5. 5

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  6. 6

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  7. 7

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  8. 8

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  9. 9

    華々しい総裁選の裏で…隠蔽体質の政府与党・自民党の闇はまったく変わっていない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月23日 08:32

  10. 10

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。