記事

大学入試ネット投稿事件が浮き彫りにした日本社会のみっつの病理

1/2
京都大学をはじめとする有名大学で、入学試験開始から間もない時間帯に入試問題がYahooの質問サイトに投稿されました。そしてすぐに誰かがその入試問題の解答を投稿しました。このインターネットを使った新しいタイプのカンニングに対してネットで大きな話題になりました。そしてテレビなどのマスメディアでも大々的に報道されました。

この問題に対して、僕はそんな騒ぐほどの問題かと冷めた目で見ていました。もっと報道するべき重要なニュースが多数あるのに、なぜこんなくだらないことをトップニュースで毎日扱うのかとうんざりしていたのです。確かにカンニングは不正ですが、バレたら、バレた人が合格点をとっても不合格になるだけで、それだけの問題です。大人に叱られれば済む程度の問題だし、そもそも僕の大学生活を思い出しても、日本の大学ではテストで単位をとるためのカンニングはありふれた出来事でした。大学側もたまに見せしめで捕まえて、見つかった人は他の単位も全部取り消されるので留年が確定してしまいます。いずれにしても、見つかったらそれなりのペナルティーを本人が受けるのでそれで十分でしょう。

こんなくだらない些細な問題だったのですが、今日、このように僕はブログを書くことになってしまいました。なぜかというと、カンニングした疑いをかけられている予備校生が、今日なんと「逮捕」されてしまったからです。こんな子供のいたずらに国家権力が介入してきたのです。これは僕はただならぬ事だと思いました。そして一連の報道から今日の逮捕にいたるまでの過程は、日本社会の深刻な病理を浮き彫りにしたのだと気が付きました。みっつの日本の病理です。

大学名を現代の身分制度のように思い込む日本人の心

僕自身はこのカンニング問題をとても些細なことだと思っています。大きな金額が動く商取引での契約違反や不正は大問題ですが、たかが大学入試です。今時、いい大学に入っても、実利的には就職活動で大企業の面接に呼んでもらえるというだけの価値しかありません。そしてたとえ大企業に入社しても大変安い給料でこき使われるだけで、何も経済的価値はないのです。そんな程度のものなら、東大でも京大でも一定割合の学生はくじ引きで入れてあげてもいいぐらいです。Yahooなんていう有名サイトで答えを聞くというバレバレのカンニングがやっぱりバレてしまって、実に微笑ましい事件ではありませんか。

ところが僕のような考え方は日本では少数派のようなのです。日本ではどうやらみんな大学入試を目指して大変な「苦労」をするようで、それはとても神聖なものらしいのです。僕は大学入試の勉強を一年ほどしかしませんでしたが、ずいぶんといろいろなことを学べて面白かったです。数学も英語もそれまでは全く勉強なんてしてなかったら、新しいことがいろいろわかって新鮮でした。自分のために好きで勉強しただけで「苦労」とは違います。ところが多くの日本人は大学入試で「苦労」しているので、「苦労」せずにカンニングして合格しようとした人間が許せないのです。だからこそ大々的に報道され、犯人は糾弾されたのでしょう。

そして大学を卒業して社会に出た後、ほとんどの人は一角の人物になれずに、働いているフリをするのが忙しいサラリーマンになり、社会の片隅でひっそりと生きていきます。そういう人たちにとって、大学合格こそが人生のピークであり、誇りなのです。だからこそ大学名を神聖な身分制度のようなのとして、自らの絶対的なアイデンティティに据えようとします。慶応大学卒業の俺は、明治大学卒業の君より「上」というわけです。今時、いい大学を卒業したからって、経済的な成功とはあまり関係ないのですけど。そういった人たちにとって、カンニングで大学入試に合格している人がかなりいるかもしれないという事実は、自らのレゾンデートルを脅かします。カンニングで合格できるとなれば、自らの心の拠り所である大学入試の権威は失墜してしまうからです。だから今回のような不正が発覚すれば、犯人は徹底的に追求して、極めて重い社会的制裁でもって二度と同じような事件を将来起こしてはいけないという、使命感のようなものがふつふつと沸き上がってくるのです。

以上のような日本人の心をマスコミは最大限に汲み取りました。そして大々的に連夜報道したのです。そしてマスコミで働く自らをエリートと思い込むサラリーマン自身が、このようなメンタリティの人ばかりでもありました。

日本の最大の権力はマスコミ

マスコミのセンセーショナルな報道で、やっぱり警察が動きました。国家権力が発動したのです。僕は正直「またか」と思いました。やれやれ。マスコミが報道して国家権力が動く例は枚挙に暇がありません。ライブドアのホリエモン逮捕や村上ファンドの村上さん逮捕。最近ではマスコミの強烈な官僚バッシングで、キャリア官僚が逮捕され、後に冤罪が判明しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  2. 2

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  3. 3

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    東京で220人以上の感染 過去最多

    ABEMA TIMES

  7. 7

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  8. 8

    アマビエ商標出願 電通の思惑は

    WEDGE Infinity

  9. 9

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  10. 10

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。