記事

AI都知事?による「都政の完全ブラックボックス化」完成

1/2

昨日の都知事定例会見における、小池百合子都知事の「AI発言」が波紋を呼んでいます。

小池都知事が決定した「豊洲・築地併存方針」について、検討記録が残っていないということが毎日新聞の情報公開請求で明らかになったが、情報公開という方針に反するのではないか、という質問に対して、小池都知事が発言しました。

【小池知事定例会見録】豊洲移転基本方針「AI、人工知能、つまり私が決めた」 – 産経ニュース

「情報というか、文書が不存在であると、それはAIだからです。(中略)最後の決めはどうかというと、人工知能です。人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決めたということでございます。回想録に残すことはできるかと思っておりますが、その最後の決定ということについては、文章としては残しておりません『政策判断』という、一言で言えばそういうことでございます」

…?!?!?

これをお読みの皆様、この説明は、納得できるものでしょうか??

最近のディープ・ラーニングに基づくAIは、確かに、開発者にもそのアウトプットの根拠を説明することができません。

例えばアルファ碁のアウトプットも、AI内部での膨大な試行錯誤の結果なので、着手の理由を説明することは開発者にも誰にもできませんし、AI自身も論理立ててそれを説明することができません。

しかし、政治がそれでいいのでしょうか?

政治は「意思のみ」ですべてが決定できる点で、市場経済や民間企業とは決定的に異なります。

だからこそ「透明性」と「公平性」の確保が必須条件のはずであり、加計・森友問題が国政を揺るがしているのは、まさにこの「透明性」と「公平性」の欠如ゆえです。

これまでの都政と都議会を「ブラックボックス」だと言って批判し、都政の透明化を打ち出して当選した小池都知事ですが、この「AI発言」は、「自分の判断は誰にも説明できないブラックボックスである」と語っているに等しいのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イチロー会見で雑なマスコミ露呈

    山本直人

  2. 2

    自民入党の鷲尾氏「限界感じた」

    鷲尾英一郎

  3. 3

    消費税増税分の84%は使途不明か

    田中龍作

  4. 4

    利益は上げず会社を憎む日本人

    橘玲

  5. 5

    日本を盗っ人と呼ぶ韓国は卑劣

    PRESIDENT Online

  6. 6

    やる気ないオジサン会社員の胸中

    城繁幸

  7. 7

    高須院長 大阪W選の自共に苦言

    NEWSポストセブン

  8. 8

    Googleマップ ゼンリンと決裂か

    NewsInsight

  9. 9

    イチロー引退試合は茶番ではない

    森山たつを / もりぞお

  10. 10

    文大統領が外交儀礼で大ミス連発

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。