記事

~Another choice~ 江東区 高橋めぐみ氏(後編)

2/2

豊洲のことについて

――そうこうやっているうちに僕のほうは豊洲のほうが気になって。ちょっと書いたら豊洲をずっと見ている人が声かけてくれて、生田さんの講演に行って、生田さんのお話を聞いて、江東区の子供たちが不安がっているっていう話で。これはもう、大人として。

 今回ダメだったことで悔しかったのはそこですね。豊洲が一番大事な時に、江東区の代表として本当に皆さんの気持ちが分かっている代表者として入れなかったことが一番悔しい。たぶん誰よりも豊洲の皆さんの声を聴いたと思うんですよ。

――そうですよね。今回、高橋さんが一番あっちのほうにいらっしゃって、お話ししたと思います。

 ただ現実的に築地再整備は不可能だと思っているんですよ、私は。期待も入ってますが、どっかで断念すると思うんですよ。じゃなきゃとんでもない、売却しなきゃ無理ですよ。

最初の原案に戻るっていうことを都のほうでも言ってますけど、千客万来施設も作ってもらって進めてもらいたいと思って。江東区としても東京都との約束があったわけだから、それはちょっと許せないじゃないですか。非常に無責任。都議会の一員になれなかったこと、中で発言することがなかったのがすごく悔しいですね。

――外野ですが、江東区の方の気持ちを届けてほしいと思いますね。 

候補者の人柄を伝えるということ

バタバタしちゃって大してお話しできなくて申し訳ないなと。大丈夫ですか? 私すごい怖いんですけど。

――こういう風に議員の方の素のキャラクターを知っていただきたいなと思います。あと個人的には自民党の方にはお世話になってしまったので。僕は豊洲の市場の中に入ってしまいましたから。

 ああ、そうなんですか。

――ええ、都議団の視察のときに。都議団にはお世話になって。その節はありがとうございました。

 いえいえ。とんでもないです。

――その時に感じたのですが、ある意味自民党の方は、古いステレオタイプの政治家なんだなと。歩き方にしろ、喋り方にしろ。

 若い人もですか。

――若い人は多少違いますが。

 ザ・政治家っていう人もいますね。

――例えば、二回も名前を挙げて申し訳ありませんが高木さん。いかにも政治家って顔しているじゃないですか。

 そうですか? あの人実はそんなにねえ…。

――って、みんな言うじゃないですか。

 あ、知らないんですね。もったいないですね。

――普通にサシで話して、砕けた所もあると分かればいいなと。高木さんはたしか捨て猫の活動をやってらっしゃいましたよね。

 そうなんですよ。心優しい方なんですよ。もったいないですよね。本人気が付かないんですよ。今度言っておきますよ。私ね、前に千代田区の中村あやさんや何人か集まった時、私があやちゃん撮ったのにけいさんが映り込んできてこっちににこっと笑ったり、そしたらすごい可愛くて、これアップしたら好感度あがるんじゃないのって。あのお茶目さが分かれば。

――今回、北区のほうは割と見ていたんですが、音喜多議員がトップ当選でした、あれは音喜多さんのメディア戦略の勝ちだと思います。

 発信力すごいですよね。

――2位と3位は共産と公明の方で、もともと地盤があります。でも音喜多さんに行った票はいわゆる浮動票です。それが高木議員に行けば勝てた可能性がある。

 そうです。まさに。

――人柄とか、実績とかそういうので劣っている方ではないと思います。なのに浮動票が取れないで負けちゃってる。本当にそれが正しい評価だったら良いんですがホントなのかなと。ちなみに僕のインタビューの最終目的は高木さんなんです。

 明日にでもアポ取れちゃいますよ。高木さん、ぜんぜん、お気軽にやってくれるんじゃないかと。

――一応幹事長やった方ですし。それに北区っていうのは今回の都議選の象徴の一つだと思うんですよね。

 ショックでしたもん。高木さんは絶対に受かると思ってましたから。実績もあるし、ほんと頭のいい方だから。あそこ(北区は)だって衆議院選出られないじゃないですか、本来だったら国政でもやれる方で、当然お話がガンガンできる方なのでもったいないなと。

――もちろん、これは北区の方々の選択なのでそれを外野がとやかく言うのはおかしいですが。ただそれは別としても北区の方があの(出馬した方々の)キャラクターを見て、それで選んだら違った結果になった可能性がある。 別に自民が良いよと言いたいわけではなくて、もっと個々人のキャラクターを見て、この方だったら任せられるって方に投票できるようになれば良いかなと思います。

 自分の場合、キャラクターというかどっちかっていうとすぐ笑いとか取ろうとしちゃうタイプなんですよ。

――ええ、ブログみて思ったのは、これは気のいいオカンだなと(笑)

 私も言われましたもん、区議仲間に私がブログ毎日やってたら「かあちゃんのブログじゃねえか」「そうだよ」って。

――かあちゃんのブログですね。それだからぜひとも議員をやってほしい方もいらっしゃると思うんですよ。

 共感しないとなかなかね。人間こう。

――特に子育て中のお母さん。子育ては終わったかもしれないけど、大変だったから次の世代にはもっと楽をしてほしいと思っている主婦の方とか。あとはもちろん男だって子育てに参加できないっていうことを後悔している方もいらっしゃると思うんですよね。だからこそ出来れば男にも育児に参加できる仕組みにしてほしいって人もいると思います。

 そこはほんと大事ですね。最近、なんかだんだん自分が母とか言っちゃうと申し訳ないぐらいお母さんよりお父さんが頑張っている方もすごくいらっしゃるので。

お母さんが病気だったりして、むしろパパがすごくやったりするのを見ていると、あんまり自分が「母、母」というのが申し訳ないなかなと。だから次回あんまり母って言わないほうが良いかなって思っちゃったんですよね。どうですかね。

――それはどんどん言ってほしいですね。

 母の視点というのは大事なんですけど、そればっかりはどうかなっていう一瞬迷いがあったんですけど。

――「この政策だったらこの方」っていうのが分かりやすい方が選びやすいのかなと思います。どんなスポーツでもそうじゃないですか。全体的なオールラウンダーよりも野球だったら打てるとか、肩が強いとか、そういう方のほうが選びやすいと思いますね。けっきょく都議会だって、チームなわけじゃないですか。

 そうですね。特化してれば専門的なことが言えますから。

――この件だったらこの人に任せておこう、この人に発言させたいって方を議会に送り込めるのが選挙の良いところじゃないかなと。

 今回、自民党の女性が6人しかいない中で、候補者6人で、しかもママが私しかいない、あとは皆さん独身なんで。あの自民党の中でそういった福祉的なことなども補えるのは自分かなって思っていて、その役割を果たしたかったですね。

――ちょっとそのイメージがなかったですね。自民党って言うのはそのやっぱり長い歴史がありますからその男の政党かなと。どっちかとそういうのを担ってきたのは野党側かなと思います。

 そうですよね、でも今回自民党が第一党じゃないから、実現力がどこまでできる分からないですけど、自分としては自民党ってまず国があって、市区町村とのつながりもありますし、色んなことが実現可能なのが自民党だと私は思ってます。なので、やっぱり自民党の中で、そういった今までない役割ができると思って今回手を挙げたんですよね、都議会。

――なので、このインタビューがネットに上がったら、この人に入れときゃ良かったかなっていう人がもしかしたら出てくるかもしれません。

 一人でも要れば喜んで。逆にこんなんだったのかよって減っちゃったらどうしよう。大丈夫ですか?

――大丈夫ですよ。それは。

 ほんと普通のおばちゃんなんですよ。だから。今からこれ(パンフ)もね、優しいお母さんっていうイメージで(撮った)。だけど周りから会った時のほうが活動的で逆にもったいないって言われました。「会ったほうがおもしろいのにあんたもったいないな」って。そういうもんなんだって。

――もったいないと思います。色々さっきから言ってますけど、中継でお見せしたいですね。印象が全然違う。

そうですか。映像だとかしこまっちゃうところしか見られませんからね。(実物を)知ったら逆にがっかりする人もいるかもしれせんし難しいところかもしれませんが。

――それが「この人なら信頼できる」につながると思うので。

 うれしいですね。多くの人に会いたいですね。

――ぜひとも情報発信をこれからも。どうですか、自分の喋ってる姿をネットにアップするとか。

 やりますやります。発信するものがあれば。

――それは毎回作るべきことじゃないかなと思いますけど。できれば週一で番組やってもらうのがベストかなと思います。

 見る人いますかね。

――いますよ。自分の興味ある事とか毎回、作って。それこそ生田さんの報道特注なんかは人気が出ているわけじゃないですか。そうじゃなくても週一で毎回毎回テーマ決めて話し合って、生放送だと例えば、コメントがくるわけで、それに答えていくだけでも番組になりますし。

 思ってるんですけどね。

――割と簡単ですよ。生放送だけでしたらWEBカメラがあってあとはしゃべることがあれば。選挙のときだけ「よろしくお願いします、よろしくお願いします」ではその人の人柄を伝えるのは難しいかなと思います。

 選挙の時以外できないじゃないですか、やっちゃいけないじゃないですか。よろしくお願いしますも言えないし、名前を連呼ってのもできないし。そうするとやっぱりネットなんですね。

――こんなに面白い人なのに。アルコール入れたらもっと面白くなるのに。

 惜しい!

――となるので、そういうことやっていただきたいなというのが一市民としての気持ちですかね。

 ありがとうございます。

――いえ、こちらこそ今日は本当にありがとうございました。

なお、この取材に使用した音声はyoutubeにアップロードしております。

youtu.be

ファクトチェック他にご利用ください。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  5. 5

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  6. 6

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  7. 7

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  8. 8

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

  9. 9

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  10. 10

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。