記事

米国連大使、イラン核活動を調査へ 今月ウィーン訪問=当局者

[国連 9日 ロイター] - 米国のヘイリー国連大使は今月、ウィーンを訪問し、イランの核活動について国際原子力機関(IAEA)などと協議する。1人の米当局者が9日、明らかにした。2015年の核合意の履行状況に関する審査の一環だという。

トランプ大統領は4月に、欧米など6カ国とイランが結んだ核合意に基づく制裁解除が、米国の安全保障上の利益に合致しているかどうかについて検証するよう関係機関に指示。トランプ氏はかねてより核合意を「史上最もひどい合意」と酷評してきた。

国務省は核合意について、イラン側の履行状況を90日ごとに議会に報告することが義務付けられている。次の期限は10月で、トランプ氏はそれまでに不履行の判断を下すだろうとの見方を示している。

米当局者は「ヘイリー大使は一貫して、イランによる違法なミサイル試験やその他の有害な行為について自身や政権の懸念を表明してきた」と説明。

米国や英国、フランス、ドイツはこれまで国連に対し、イランの弾道ミサイル開発は、核合意の根拠となっている15年の国連安全保障理事会決議に違反していると何度も抗議してきた。

この決議はイランに対し、最長8年間、核弾頭の運搬手段となる弾道ミサイルの開発を停止するよう「求めている」が、この表現は禁止を義務付けていないとの批判もある。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  8. 8

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。