記事

~Another choice~ 江東区 高橋めぐみ氏(前編)

1/3

序文 この企画に先駆けて

2017年の東京都議会選挙は小池知事率いる「都民ファーストの会」の圧勝だった。その背景には都民ファーストを率いていた小池陣営の巧妙な選挙運営があったのは間違いない。一方で、今現在になってなお「都民ファーストの会」がどのような政治を志しているのは見えてこない。情報公開を第一に掲げている政治陣営が取材制限を今なお徹底しているのは矛盾以外の何物でもない。

選挙では大勝した「都民ファーストの会」だが、その勢いがこのまま続くとは当の「都民ファーストの会」自身でさえ考えていないはずだ。都議選での圧勝は百点満点の出来と言ってよく、山の頂に達してしまえばあとは下るしかない。

何といっても選挙の結果ではあるので、これ以上は言わない。その結果には十分敬意を払うが、しかし、一方で負けた陣営にも耳を傾けることもまた民主主義ではないだろうか。

もし、あの都議選で都民が別の選択をしていたらどうだったのか。それを取材し記録しておくことには意味があるのではないだろうか。

今回からはしばらく「~Another choice~」と題し、都議選に落選した方々のインタビューを行っていきたいと思う。

なお、都議選の結果からインタビュー対象は自然と自民党関係者が多くなるが、筆者としてはなるべく多くの政党に取材したいと考えている。この人の意見を聞いてみたいという方がいたらぜひ筆者までご連絡をいただければ有難い。

今回は、江東区から出馬した高橋めぐみ氏に取材した。

豊洲移転問題がご縁でいちどお目にかかったことがあり、快く取材を引き受けていただくことができた。

f:id:zukaiseiri:20170809005117j:plain

高橋めぐみ氏 略歴

 江東区亀戸出身。元衆議院議員木村勉氏を父に持つ。結婚・出産後、産後うつを経験し、それがきっかけで政治を志す。平成19年江東区区議会に立候補し当選。3期目の任期中に辞職し東京都議会選挙に立候補。約21000票を獲得するが落選。

 亀戸の事務所にて

――ブログ読ませていただきました。 とりあえず直近2年分と最初の一年を。

そんなに読んだんですか。えー、恥ずかしい。もう全部消そうかと思うぐらい恥ずかしい。昔のやつ読むと恥ずかしくてしょうがないです。

――こういう言い方が正しいのかどうか分かりませんが、最初のころは「女性として頑張る」みたいな、よくありがち内容だったんですよね。それが議員として活動していくうちに徐々に変わっていく。

 だから余計に恥ずかしいんですよ。「今、全然違うこと思ってるのにな」ということも言っちゃってるので。(将来)いろいろ切り取られることになったら、「あの時ああ言っただろ」って言われるようなことも残しちゃってるんです。それも自分の成長の過程ということで、許していただければと思って、今も残しています。

当選していたら一番やりたかったこと

——さて、今回はちょっと残念な結果でしたが、もしも都議になった時、一番やりたいことからまず伺いたいです。

 優先順位的にはどうかわかりませんが、私の場合、自分がママだったころの苦しい経験から議員を始めました。そういう思い出を忘れちゃいけない、こういった思いをするママたちを一人でも多く救いたいっていう気持ちで区議になりました。おかげさまで区議のなかでは自分がやりたかったことが大体できてしまったんです。じゃあもう、次は出来なかった待機児童問題だと思いました。

――都議選ではあまり大きく取り上げられませんでしたが、東京都での喫緊の問題ですよね。

待機児童のことは江東区でもやっていたんですが、それでも追いつかない。これはやっぱり国と都だなと思いました。私が一番感じたのは、たとえば「自分のところを保育園に使ってもいいよ」みたいな方がいたとしても、建築の用途変更ができなくて。建築基準に引っかからない建物って言うのがネックになって厳しいんです。(※補足 現在、既存の建物を保育園等に用途変更する場合、建物全体が建築基準法に適法である証明が求められるがこのような建物は少ない。)

東京都が、時限的な措置で良いので変更してもらって(保育園を増やす措置を)やってもらえば少しは変わるんじゃないかなっていう考えがあって。少しでも保育園を増やしていくことをしなきゃいけない。

――高橋さんとしては一番にやりたいことは保育園の問題ですか。

保育園、そう、子育ての問題ですね。子育てしやすい東京にして、今更遅いかもしれないんですけど、やっぱり出生率を上げたいですよね。10年遅かったなと思うんですね、本当は。これを団塊の世代ジュニアたちが産むっていう時にもっと良い政策してればだいぶ変わったのかなと思うんですけど。

――僕は氷河期世代の一つ下なので、この年代の方がもう少しフォローされたら良いなと思ってますね。

「保育園作れ、作れ」って言ってると思われたら嫌なんですけど、本当は違うんですよ。子供が小さいうちは、自分が育てた方が親にとっても良いし、子供にとっても良いとは思っているんです。三歳児神話を信じているわけじゃないんですが、あの限られた時期、話せない、喋れないというあの子たちと向き合ってやることで、親って成長していくので子供のためだけではない。自分も実際苦しかったんですけど、あれが自分を成長させてくれた。だからあの時期、子供を見られないのはもったいないなって思うんですよ。

ただ今それが出来ない状況、働かざるを得ない状況の方が今進んでしまっているのであれば、だったら保育園を増やすしかない。ニーズがあるわけだからそれは埋めていかないと上手くいかないし、女性が輝く社会って言って仕事を続けることを前提として働いてくださいと、国がそういう風な方向であれば、そうやってやるのは仕方ない、保育園は作らなくてはいけないという考えでいます。 

東京都政のあり方について

実は私、都議会議員不要論者で東京都っていうガヴァナンスはもっとシンプルにして、区に色々移譲する、移管するということをして良いっていう考えなんです。

あわせて読みたい

「出生率」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  3. 3

    TDR契約社員 事実上の退職勧奨か

    文春オンライン

  4. 4

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  5. 5

    日本の携帯料金は「かなり高い」

    ロイター

  6. 6

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  7. 7

    タトゥー満額回答判決に識者驚き

    壇俊光

  8. 8

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

  9. 9

    菅首相の就任でコロナ対策に変化

    青山まさゆき

  10. 10

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。