記事

勝間和代がネットで叩かれるようになった本当の理由とネット・メディアの未来

1/3
自己啓発の女王とも呼ばれたカリスマ勝間和代がAmazonのレビュー・システムについてクレームをつけていた。僕自身は勝間和代のファンでもなければ、勝間和代がいうところの「アンチ」でもない。勝間和代は外資系企業でサラリーマンをしていて、その後はネットで人気になり、一気にテレビでもブレークした。少なくとも最初のふたつに関しては僕と多少なりとも共通点があるので、僕は彼女の著作や活動をたまにフォローしていた。そして今日たまたま読んだ勝間和代のブログに書いてあったAmazon批判について、僕は少なからぬ違和感を感じた。それはちょっとちがうんじゃないかな、と思った。だから今日はそのことについて何かを書いてみようと思う。よく冷えたコロナビールを飲みながらね。
1. 著者の知名度が広がるにつれて、必ず「アンチ」が生まれます。
その人たちは、あまりにも対象の存在自体が不愉快なので、自身の心の平穏を保つため、ストレス解消の方法の1つとして、ありとあらゆる方法で著書や著者に対する攻撃を始めます。そのパワーたるや、尊敬に値します。
2. ところが、アマゾンは「アンチ」のレビューに対して、以下の理由で、たいへん脆弱なしくみを持っています。
 中略
私は自分のことを特別扱いをして欲しいわけではありません。悪意に対して脆弱な現在のアマゾンのレビューのしくみを改善して欲しい、と要望しているだけです。

アマゾンのレビューが荒れやすい理由への考察〜そしてアマゾンの対応についての報告、勝間和代
要するに、Amazonに投稿された多数のレビューが勝間和代の本を批判するものだったので、勝間和代はそれを削除するようにAmazonに要請した。ところがAmazonはそれを断った。怒った勝間和代は、今後Amazonとのビジネスには協力しないし、彼女のサイトの書籍のリンクからAmazonを外すといっている。多数のファンを抱える彼女の大きな「影響力」を使ってAmazonに圧力をかけているのだろう。

いくら勝間和代の影響力が大きいとはいえ巨大なAmazonの本の流通量から見れば、Amazonにとってはひとりに評論家のネガティブ・キャンペーン自体は大した問題ではない。また勝間和代のファンであったとしても結局は一番便利なところから本を買うだけだ。今のところ流通センターや本の倉庫に地道に設備投資をしてきたAmazonが書籍通販のNo1であり、勝間和代のファンであったとしても多くがAmazonで本を買い続けるだろう。

むしろAmazonにとって重要なことは、勝間和代の指摘が本当に重要なAmazonのレビュー・システムの欠陥を浮き彫りにしているのか、それともただ単にひとりの評論家の感情的な批判なのかだ。僕自身は今回の件に関してはAmazonの方に分があると思う。いちいち作家からの依頼で批判的なレビューを削除することは、オペレーション・コストの観点からも無理な注文であるし、またそんな手を加えられたレビューでは誰も信用できないからだ。

確かに一部の人気作家には多数の「アンチ」がいて、彼らが執拗に批判的なことを書き続けるということもある。僕もそんな「アンチ」が多いブロガーのひとりだ。でもネットの世界というのは、そういった「アンチ」や彼らの執拗な批判コメントも含めての評判が、作家、あるいはブロガーの評判そのものではないかと思うのだ。だからそういった批判を人工的に取り除くのは本当の情報を歪ませてしまうと思う。そういう意味で今回のAmazonの対応、つまり勝間和代の削除要請を断ったのはとてもよかったと思う。勝間和代流にいうならばAmazonは断る力画像を見るを適切な場面で発揮した。勝間和代が怒る気持ちも分かるけど、自由でフラットなインターネットの世界に完璧なレビュー・システムなどといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。

それに勝間和代が最近出したこの本は、いくらなんでも賞賛するレビューを書くことはむずかしいと思う。たとえ彼女の熱烈なファンであったとしても。内容以前の問題として、この本のタイトルと表紙の写真ではさすがに冷静な書評を書こうという人はそれほど多いとは思えない。どうしても。彼女も大人、それも成功した大人なんだからそれぐらいのことはわかってくれないだろうか。