記事

日本の敗戦を織り込んでいた株式市場

かつてのベストセラー

が文庫化されていたので、
山川出版社の「詳説日本史図録」を参照しながら読んだ。

満州事変から太平洋戦争へと突き進む意思決定の過程が、
今までどうにも理解できなかったのだが、
中高生向けの講義の書籍化ということで分かりやすかった。

「まさか!」という読み違えの連続で選択肢が狭まっていく過程は、
現在ベストセラーになっている応仁の乱に近い感覚を覚える。

読みの手数の少なさゆえに、悪い方向へ進んでいってしまうような…。

そして誤手を指したことを認識し、引き返すことができたのに、
天皇の許可を撤回しては、その権威にキズが付くからと軌道修正ができない。

もちろんすべての人々が大局観を失っていたわけではない。
退役軍人の水野廣徳は、国家の重要物資を輸入に頼っている以上、
持久戦、経済戦で負けるから日本は戦争をする資格がないと主張。

また太平洋戦争中も続いていた日本の株式市場の動向から、
終戦の半年前から戦後を見越した投資家がいたことが伺い知れる。

「1945年2月から、軍需工業関連ではないもの、これは当時の言葉で民需といったのですが、民需関連株が上がります。具体的には、布を機械で織る紡績関連の株などが上がりだしたというのですね。・・・船舶もどんどん撃沈されて、43年あたりからは民間の船などはもう目も当てられない惨状になる。船舶を建造する鋼材も走らせる燃料もない、発動機もない。それなのに船舶関連の株が上がってくる。これはなにか、戦時から平時に世のなかが変化するのではないか、そのような見通しを確かに立てた人間がいて、株価が上がっていったのではないかと考えられます。」P458

だから日本人は愚かな民族だと自虐史観に走るのではなく、
正しい見識を持った人がいるにもかかわらず、
最終的に誤った意志決定をしてしまうのはなぜなのか?

シャープや東芝の没落にもつながるように思え、
日本の近現代史についての本をもっと読んでみたくなった。

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)

  • 著者 加藤 陽子
  • 価格 ¥810(2017/08/07 11:54時点)
  • 出版日 2016/06/26
  • 商品ランキング 1,348位
  • 文庫 497ページ
  • ISBN-10 4101204969
  • ISBN-13 9784101204963
  • 出版社 新潮社

あわせて読みたい

「太平洋戦争」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  8. 8

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  9. 9

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  10. 10

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。