記事

「TPPで同人誌は消えるのか?」シンポジウムで激論

2/2
シンポジウムで語り合う福井氏(左)と津田氏。
シンポジウムで語り合う福井氏(左)と津田氏。 写真一覧
キム氏:フェアユースと親告罪化を両方合わせてアメリカが言ってくる可能性もある。

津田氏:警察にとっては別件逮捕のいい口実になると、警察はそこまで暇ではないのでは?という。

八谷氏:日本にもフェアユースを合わせて導入することはあるんでしょうか?

福井氏:フェアユースは、二次創作規定を。アメリカにはあらゆる規制を輸出するんですが、アメリカが唯一、輸出したくないのがフェアユースなんですよ。

キム氏:向こうが提示するバージョンがあって、「同人誌が大事な文化である」とした場合に、それを主張しながら交渉していくことが必要だと思うんですよ。

八谷氏:日本の著作権法の中にフェアユースを入れることはあるのかということを福井さんにお聞きしたいんです。まだフェアユースを盛り込むんだったらTPPの議論の余地もあり得ると思うんですが。

福井氏:フェアユースは国内でも議論はしてるんですが、「偶然の映りこみはOK」というところで議論しているような段階です。細かく規定しちゃったらフェアユースではないんですよ。「権利者に実害がない」とか大まかなところで許しておいて、あとは裁判でシロクロつけようというのがフェアユースなんです。

境氏:日本だと裁判所がスパンスパンと判断してくれるのかな、という心配はありますよね。

法定賠償金について



境氏:故意・過失による著作権侵害で、権利者の実損害分のみ賠償請求できる。これが現在の日本の法律。皆さんの日常は著作権侵害だらけでしょ。訴訟があったって、弁護士費用にも足りないことが多い。訴訟の手間と得られる賠償金がアンバランスだからです。なので、大半は訴訟に至らない。泣き寝入りで終わるのが現状です。

でも、アメリカの場合は法定損害賠償といって、実損害の証明がなくても裁判所がペナルティ的に賠償金を決められます。なんと1作品で15万ドルまで。法体系が大きく変わるためハードルは高いけど、もし導入されれば、日本でも知財訴訟が激増する可能性がある。

キム氏:理屈的には到底理解ができない。立証責任を減らすということと、ライセンサーに非常に有利なもので。ただ、韓国は飲みました。これを取ってこれを捨てるという政策的判断で優先権が低いと、捨てるということはあり得ると。

保護期間の延長について



福井氏:著作権は「著作者の死後50年」。レコード会社の権利などに当たる著作隣接権は「好評後50年」経過で著作権フリーになります。欧米では20年延長。韓国、オーストラリアは合わせた。2006年ごろから日本でも激論になっています。「保護期間が伸び続けている」。死後を50年から70年まで伸ばしても、「孫からひ孫を保護しても意味があるのか」という議論がありまして。「収入増も20年伸ばしても著作権収入が1%しか伸びない」という研究もあります。古い作品は遺族全員の同意が必要になる。権利者不明の孤児作品が非常に多い。青空文庫のように保護期間が過ぎた著作物のアーカイブが害されるんではないかと。

それに同人誌やコミケは新しい作品ばかりですが、実際には古い作品の二次創作って非常に多いんですよ。文化を阻害するんではないかと。今年5月、EUで著作隣接権法を伸ばす「クリフ・リチャード法」が成立します。TPPの要求にも入ってます。「著作権法は死後70年、隣接権は発効後95年など」。ミッキーマウスのようにギリギリな物もありますし、アメリカが抱えるコンテンツを保護したいわけですね。

キム氏:私自身の持論としては「死後50年から70年」になると、100年以上保護されるケースも出てくる。でも、100年かかっても売れ続けるコンテンツはほんの少し。1%のために99%を。保護を20年にしちゃって、延長したい人はお金を払って延長するみたいな仕組みにすればいいと思います。ミッキーだけ永久に延長したいならすればいいですし。一方で、TPPでは米国には強硬に推してくると思うので、

福井氏:なんでこんなに保護期間延長を要求するかというと、欧米のような古い作品の輸出国にとっては利益がすごいんですよ。二次的著作物についても、原作者が利益を吸い上げることができる。だから、みんなの間に定着している、誰でも知っているキャラクターを作っていれば、ものすごく利益が大きいんですよ。

キム氏:保護期間延長というのは伸ばすことはあっても減らすことってまずないんです。グローバルスタンダードで、世界中の国の保護期間がどんどん伸びていっても、日本だけは「日本が誇る文化」としてあえて伸ばさないで現状を維持するという選択肢があってもいいと思います。

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  3. 3

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  4. 4

    田嶋陽子氏に「時代追いついた」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  6. 6

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  7. 7

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  8. 8

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  9. 9

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

  10. 10

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。