記事

井上達夫氏は似非リベラルを炙り出す

『大東亜論』のわしのペン入れを終えた。クタクタだ。
明日、秘書みなぼんは原稿を取りに来てほしい。 

土曜は、わしは道場の準備をしつつ、Special本の第3章に取り掛からねばならない。

「報道ステーション」に井上達夫氏が出ていて、内閣改造後の支持率が微増とはいえ、宿題が何も解決していないということを手厳しく言っていた。
許してしまって、忘れてしまっては何もならないということをちゃんと言ってくれたので安心した。
民進党に喝を入れることもやってくれたし、本当に満足だ。 

井上氏は「不正義」を許さない態度が素晴らしい。
最近の30代・40代あたりの言論人は、リベラルなふりをしつつ、相対主義で「正義」・「非正義」の価値判断を揺るがそうとする。
すると、自称保守やネトウヨと親和的になってしまい、安倍政権擁護になってしまうのだ。

本来「保守」は、「正義」や「常識」を守らねばならない。
だが、今の自称保守は、安倍真理教になっているので、「正義」を相対化し、「常識」に反乱を起こす。
世論や支持率を馬鹿にしたがる点で、自称リベラルと、自称保守&ネトウヨが同意見になってしまうのだ。 

こういう価値紊乱主義と戦うのは大変だ。
真のリベラルとして、井上達夫氏が出てきて良かった。
似非リベラルが炙り出されて愉快である。

あわせて読みたい

「報道ステーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  2. 2

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  3. 3

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  4. 4

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  5. 5

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  7. 7

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  8. 8

    パパ活女性200人超が犯罪被害に

    NEWSポストセブン

  9. 9

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

  10. 10

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。