記事

【新聞チェック】「衆院にサイバー攻撃」と朝日新聞がスクープ

 25日付の朝日新聞朝刊が、「衆院議員の公務用パソコンや衆院内のサーバーが今年7月以降、サイバー攻撃を受けてコンピューターウイルスに感染し、議員ら衆院のネットワーク利用者のIDとパスワードが盗まれた疑いがある」と一面トップで大きく報じている。他紙には書かれておらず、朝日のスクープ記事だ。
 

中国のサーバーに強制接続



 朝日の記事はこう続けている。
 関係者によると、衆院議員の一人が7月末、届いたメールの添付文書をパソコンで開いたことがきっかけで感染した。問題のウイルスは「トロイの木馬」と呼ばれる種類で、中国国内のサーバーからパスワードなどを盗み出すプログラムを呼び込む役割を果たしていたという。
 日本へのサイバー攻撃はここ2〜3年、大規模化している。今年8月には国防産業を担う三菱重工(東京都)の国内11拠点で、サーバー45台とパソコン38台の計83台がウイルスに感染していた。この一部が、使用者や管理者が知らないうちに、国内外のサイトに不正接続されていたという。このときのウイルスも、外部からコンピューターを遠隔操作できる「トロイの木馬」といわれるタイプが含まれていた。この遠隔操作する画面に中国語が使われていたことで、一連のサイバーテロと中国との関連の有無が、警視庁の捜査の焦点となっている。

 同日の産経新聞によると、日米政府が9月16日に開いたサイバー攻撃対策に関する初の外務・防衛当局の政策協議で、米側が「漢字情報の監視を」との表現で、中国に対する監視強化を要求しており、サイバーテロは日米同盟の重要課題に浮上している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  5. 5

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

  8. 8

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  9. 9

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

  10. 10

    コロナの陰で反ワクチン派が台頭

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。