記事

上杉隆氏が辞任届提出 ー読売新聞記者への″暴言″で引責

22日、ジャーナリストの上杉隆氏が自由報道協会の暫定代表について辞意を表明した。

上杉氏は、20日に開かれた小沢一郎元民主党幹事長の記者会見後、出席していた読売新聞の記者と質問のマナーを巡って口論になり、激高し「なめんな、この野郎」などと発言。この様子がUstreamやニコニコ生放送で中継され、上杉氏らと読売新聞記者双方への批判が殺到していた。

このことについて、自身のサイトに「辞任届」をアップ。「言論機関である当協会の信頼を損なう」「当協会の健全性と信頼性を傷つけるに十分であると判断」と説明、今後は「一兵卒」として協会運営に尽力するとしている。

上杉氏の辞表提出について、TBS「サンデーモーニング」などに出演しているアナウンサーの唐橋ユミ氏は「(読売新聞記者は)靴を脱げという基本的なルールを守れない。で、代表は靴投げたのですね。」とTwitter上でコメント。また、自由報道協会設立準備会メンバーに名を連ねているジャーナリストの江川紹子氏は「こんなことでいちいち辞任とかしてたら、代表何人いても足りないよ、あほ! 」「責任とって「暫定代表」辞任して、ただの代表になりなさい、にゃ。」と上杉氏に事実上の翻意を呼びかけている。

辞表の提出を受けて自由報道協会の畠山理仁幹事長はTwitter上で「暫定幹事長預りとします。」と述べ、上杉氏の進退については23日朝の段階では決定していない。

一方、上杉氏とともに読売新聞記者に詰め寄ったジャーナリストの岩上安身氏は、「感情的になって、乱暴な言葉遣い、猛省します。」と述べている。

自由報道協会は「公的な記者会見の開放を訴えるとともに、記者会見を代行主催する非営利団体」として2011年に発足、福島第一原発事故に関する国会議員や識者の会見などを主催、記者クラブに参加できないフリーのジャーナリストやメディアへの門戸を開いてきた。問題となった小沢氏の会見後には、協会として読売新聞の記者の「ルール違反」に抗議している。【BLOGOS編集部 大谷広太】

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    政府のデジタル化策は正しいのか

    山田太郎

  8. 8

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  9. 9

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  10. 10

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。