記事

「放射線の原因は5m以内にある」南相馬の医師が語る、除染活動の実情

1/3
福島県南相馬市立総合病院の非常勤医で、東京大学医科学研究所 先端医療社会コミュニケーションシステム社会連携研究部門研究員の坪倉正治氏が、秋葉原に放射線測定機器のトレーニングセンターが開設された記念講演会で、福島県南相馬市で行っている除染活動について、現場の苦労や実情を語った。【取材・構成 田野幸伸(BLOGOS編集部)】




坪倉医師:南相馬市は現在0.3から0.4マイクロシーベルト/時。人口は元々7万人だったが、4月あたまに1万人まで減って、現在は4万人程度まで回復しました。南相馬は元々合併市、小高区、原町区、鹿島区が合併されて出来た市。それが同心円で3つに区切られ、海側は津波の被害が大きく、船がまだ陸に置いてある。山に向かって行くとどんどん放射線量は上がっていきます。山の上になると飯館村になって、村の中で3〜4マイクロシーベルト/時。飯館村の南側になると、10〜12、3マイクロシーベルト/時。東京の120倍くらいの線量です。

画像を見る
陸に打ち上げられた漁船(2011年6月 南相馬市 撮影:野原誠治)

■南相馬市でも「放射線関係ないでしょ」という人たちがいる



南相馬市は(原発から)20キロ、30キロの線と、南側、市街地、山側で、9分割されたようになっている。合併市ということもあるが、場所ごと、人ごとにも考えていること、やらなくてはいけないこと、困っていることが違う。海側に行くと(言われるのは)ヘドロのことばかり、放射線の説明会をしても、「僕たちは関係ないでしょ」という反応が多い。実際、海側に行くと0.1マイクロシーベルトとかになり、(たとえば)千葉県柏市よりも低い。山側に上がると、農作物をどうするか、今年作ったお米をどうすればいいのかという話に急激に変わる。街中だと、小さな子どもを持つ親御さんが多いので、(放射線を)どうするかという話になります。

■屋根の洗浄でケガ人も



産婦人科医の高橋亨平先生を中心に活動しています。高橋先生は進行癌を持っている。除染の手順は、線量を細かく測り、建物の地図を作り、土をはいでいく。土を捨てるために庭の一番端に大きな穴を掘っても、すぐに満杯になってしまう。土を捨てる場所がない。高圧洗浄は非常に有効で、β線は5分の1になる。ただ、洗った水をどうするかがまったく解決されていない。屋根の洗浄も、屋根の種類や汚れ方によって、全く手順も効果も違ってくる。「表土を剥げばいいんでしょ」と言うが、表土を剥ぐのは一番簡単な練習問題。平らなところをザッとやるのは簡単。

余談ですが、屋根の洗浄は非常に危険。病院に屋根から落ちて救急車から運ばれてくる人が何人もいます。誰がやるべきなのか、早く決めなければいけないが、現場では早く線量を下げたいので、どんどん自分たちでやってしまい、事故が起きる。これが現状です。

放射性物質は飛んできて、あちこちの場所に沈着しています。たとえば、草木の線量が高いので、切るとします。僕の経験では、雑草を刈り取ると、線量は(逆に)上がってしまう。草木の下の土にセシウムが沢山あるので、雑草の下の土を除去しないと線量は下がらないのです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  6. 6

    イソジンの転売 薬事法に抵触

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    帰省大丈夫? お盆迫り厳しく追及

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    国会を開かないなら歳費返上せよ

    鈴木しんじ

  10. 10

    恋心を持つこと自体が難しい現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。