記事

枝野幸男氏の改憲案に注目せよ

朝日新聞が枝野幸男氏の「憲法9条」についての見解の説明で、 「専守防衛。我が国の防衛の範囲内で自衛権を行使できることに明確に歯止めを」 と書いている。

これ、どういう意味か理解できるか? 「自衛権を行使できないように明確に歯止めをかける」 と読めてしまうではないか。だから「護憲派」だと勘違いされる。

枝野氏は憲法調査会の会長で、枝野氏の見解が民進党の見解になる可能性が高い。 たとえ前原氏が代表になったとしても、枝野氏の見解には反対しないだろう。 前原氏の今までの見解は、安倍首相と同じで、極めて左翼的な加憲論であり、その見解は前原氏自身がすでに封印しているようだ。

憲法9条1項2項をそのままで、自衛隊を明記するという考えは完全に「護憲派左翼」である。 「護憲派左翼」は実は「従米主義」であるという欺瞞から目を背けているだけなのだ。

枝野幸男氏はこれらの見解とは違っている。 それは安倍政権の自己欺瞞的な「加憲案」なんか比較にならない「改憲案」であって、わしの自主防衛案に接近しているようだ。 「自衛権」と「交戦権」の関係が、枝野氏の改憲案のカギとなる。

枝野氏は6日の「ゴー宣道場」で、この案を公表する。 全マスコミも注目した方がいい。 安倍政権より民進党の方が「自主独立」を志向する真の保守であることが分かるだろう。

あわせて読みたい

「枝野幸男」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  4. 4

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  5. 5

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  6. 6

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  10. 10

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。