記事

一線を超えていない?「不倫疑惑」の今井絵理子議員に問う!

BLOGOS編集部
「一線を越えていない」――。

先週、週刊新潮で報じられた元SPEEDの今井絵理子参院議員(33)の不倫疑惑で、彼女が放った釈明の言葉である。折りしもPKO日報の隠蔽問題で稲田防衛大臣が辞任という事態があり、北朝鮮が大陸弾道ミサイルを太平洋へ向けて打ち込んだ、ちょうどそのタイミング。国民が信を預けた国会議員に、いまこそ働いてもらわなければならない危機的状況だというのに、仕事よりも男に溺れているとは、いったい何事なのか。  

自民党関係者が語る。

「2004年に前夫との間にもうけた長男が聴覚障害を背負い、07年に離婚したあとその子を中学1年となる現在まで、女手一つで育ててきた。障害児を抱えながら頑張っているシングルマザーというのが、彼女のセールスポイント。元国民的アイドルという抜群の知名度と同じ境遇の女性からの圧倒的な支持で、昨夏の参院選で32万票を獲得し、自民党の比例選出で見事初当選しました。すごい人気で、全国各地の選挙の応援や政務イベントに頻繁にお呼びがかかります」

客寄せパンダといわれても、それはそれで良かった。問題は先の不倫疑惑である。

週刊新潮の記事によると、7月14日から3日間、今井議員は、神戸市議会議員(自民党・3期目)の橋本健氏(37)と自宅マンション、ホテルで“お泊まり”したという。

しかし橋本氏は、高校の同級生で学生結婚をした妻と、9歳、5歳の子どもを持つ妻帯者で、れっきとした不倫となる。同誌のグラビアでは、東京駅から大阪への下り新幹線、グリーン車席で二人が隣に座り、眠りながらしっかりと手をつなぐ写真を掲載。

また宿泊先の大阪市内のホテルでは、今井議員が橋下氏を部屋に招き入れるデート現場も確認している。ホテル内で濡れた髪のままパジャマ姿でうろつく彼女のスナップも掲載し、あくる日帰京する際も、並びの席で眠りこけている2人の仲睦まじい様子もカメラに収めているのだ。

2人の関係が騒動になったあと、今井議員もお相手の橋本氏も申し合わせたように「一線を越えていない」と主張する。「講演の原稿を書いていた」「勉強会をしていた」などと弁解するが、大の大人なら、訝しむのが普通だろう。

「公衆の面前ともいえる新幹線車内で手を握り合ってますし、裁判上、ホテルの同じ部屋に入ってしまえば、不貞行為が成立したと判断されます」(弁護士)

「一線は越えていない」というまやかしを突き通すつもりか?

今井絵理子が単なる芸能人であれば、ありがちな不倫騒動で終わりなのかもしれないが、いまや彼女は選挙で選ばれた〝選良〟だ。参院議員の歳費と手当ては年間2200万円が支払われ、当然ながら税金から捻出される。例えば往復の新幹線グリーン車のチケット代は国会議員のパスで無料だし、もしもホテル代が政務活動費から出費されていたら、国民が不倫デートの費用を出しているということになりはしまいか。

さらに彼女の政治家としての資質を問いたい。立候補表明当時から勉強不足を指摘され、当選後、地元沖縄の基地問題について問われたときに、12歳から芸能界入りして上京したので、とほとんど認識しておらず、「これから勉強します」と発言し、世間を驚かせた。では、彼女が売りにする子育てについてはどうなのか。

「今井議員の自宅は国分寺市にあり、そこで彼女の母親が息子の面倒を見ています。橋本氏と密会したのは別宅の千代田区にある高級マンション。本人は頑なに非難にあらがっていますが、世間から母親失格と批判されても仕方がない」(同前)

今井議員は、橋本氏の妻や子どもたち、そして自分の家族にさえも「一線は越えていない」というまやかしを突き通すつもりなのだろうか。

中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう)
ジャーナリスト。会社員を経て95年から文藝春秋「週刊文春」編集部。ASKA薬物疑惑など数多くのスクープで「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞は3回と歴代最多。16年に「スクープ!週刊文春エース貴社の取材メモ」(文藝秋春)を出版。

あわせて読みたい

「今井絵理子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  2. 2

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  3. 3

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    東京で220人以上の感染 過去最多

    ABEMA TIMES

  7. 7

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  8. 8

    アマビエ商標出願 電通の思惑は

    WEDGE Infinity

  9. 9

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  10. 10

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。