記事

東芝、メモリー新棟の共同投資で米サンディスクと合意せず

[東京 3日 ロイター] - 東芝<6502.T>は3日、主力半導体製品のフラッシュメモリーを製造する四日市工場(三重県四日市市)の第6製造棟(建設中)での投資について、米サンディスクと協議していた共同投資は合意に至らなかったと発表した。

合意に至らなかったことで、東芝は第6製造棟第1期分の生産設備と第2期分の建屋建設にかかる1950億円の投資を単独で実施するという。1950億円の投資額は従来見込みから150億円増額となる。

2018年以降の需要拡大に対応するため、第1期分の投資では、メモリーセル(最小単位の回路)を縦方向に96層積層する製品を製造する設備を導入する。

同メモリー事業は、東芝とサンディスクが合弁会社を通じて2000年から四日市工場に共同投資し、生産能力を拡大してきた。

東芝は、米原発事業での巨額損失によりメモリー事業の売却方針を決定し、今年2月から本格的な入札手続きに入った。

サンディスクを昨年5月に買収した米ウエスタンデジタル(WD)<WDC.O>は、東芝とサンディスクが結んだ合弁契約を根拠に、メモリー事業の一方的な売却に反対。現在、東芝とWDの主張の対立は日米での法廷闘争に発展している。

今回、東芝がサンディスクが第6棟での共同投資に合意しなかったのは、WDとの係争が影響しているとみられる。東芝の広報担当者は「サンディスクと長期的な目標で合意できるのなら、今後も協議していく用意はある」と述べている。

ウエスタンデジタルは、東芝の発表に失望を表明するとともに、「メモリーの技術開発と製造を革新する世界の中核拠点として同工場を維持するための重要な投資を続ける決意は変わらない」とする声明を発表した。

*内容と追加しました。

(浜田健太郎 編集:吉瀬邦彦)

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  8. 8

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  9. 9

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。