記事

「安倍おろし」への熱情がむき出しの不快指数100%の朝日コラムを愛でる

1/2

 今回は小ネタです。

 さあ、朝日新聞が久しぶりのスマッシュヒット級の香ばしい政治コラムをカマしてくれています。

 7月31日付け朝刊掲載でございます、ネットではこちら。

(政治断簡)「こんな人たち」に丁寧始めました
政治部次長・高橋純子
2017年7月31日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S13064262.html

 未読の読者は是非上記リンク先で、直接お読みください、一読の価値ありでございます。

 今回は、朝日新聞政治部次長の要職にある高橋純子氏による、この「珠玉」の政治コラムを堪能いたしましょう。

 さてコラムは冒頭、「お気に入りの定食屋さん」の客が減り、筆者が「これは早晩潰れるな」と予想していたら、「その通りになった」というお話から始まります。

 週に1度はランチに通う、お気に入りの定食屋さんがあった。味がよく値段も手ごろな人気店。満席のため並んで待つこともしばしばだった。

 ところが、仕事の都合で3カ月ほどご無沙汰したのち訪ねたら、客は私ともうひとりだけ。どこか荒(すさ)んだ空気が漂う店内で焼き魚定食を食す。ん? 変わらずおいしい。でもこれは早晩潰れるなと店を出た。その通りになった。

 で、高橋純子氏としては「味や値段は変わらなくても、かつての行列が途絶え閑散とした店に通う気はしない」とのかなりアクの強い判断基準を示しながら、ここで嬉々として「そうです、私はこの思い出話に、安倍内閣の支持率続落を重ね合わせているわけでございます」と豪快に論理を展開していきます。

 政治コラムにあるまじきこの辺の強引さや違和感で軽く目眩を覚えながら、コラムは力強く「そうです」と続いていくのです。

 なにが「そうです」なのやら、意味は分かりませんが・・・

 本当の原因は知らない。ただ、たとえ味や値段は変わらなくても、かつての行列が途絶え閑散とした店に通う気はしない。人気が衰えた店はどうにも陰気で、ますます客足を遠のかせる――そうです。私はこの思い出話に、安倍内閣の支持率続落を重ね合わせているわけでございます。

 うれしそうに安倍政権にとって「支持率の低下は致命傷」だと主張していきます、だって国会で「『内閣支持率は53%。民進党の支持率もご承知の通り』と薄笑いを浮かべ、拒んだ」のだからと、指摘します。

 支持率に一喜一憂するのは端的に言って愚かしい。しかし、現政権にとって支持率の低下は致命傷だ。なぜか。安倍晋三首相が自らの政治の正当性を、支持率の高さによって根拠づけてきたからだ。

 4月。民進議員が森友問題に関し、世論調査では「納得できない」が約8割として首相に説明を促すよう求めると、「内閣支持率は53%。民進党の支持率もご承知の通り」と薄笑いを浮かべ、拒んだ。

 ここからがこのコラムの真骨頂であります。

トピックス

ランキング

  1. 1

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  2. 2

    あおり事故 原因は運転の楽しさ

    赤木智弘

  3. 3

    韓国経済が低迷 文政権の陥る罠

    MONEY VOICE

  4. 4

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  5. 5

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  6. 6

    パリの暴動 スタバが襲撃対象に

    田中龍作

  7. 7

    堀江氏 ゴーン氏逮捕の必要ある?

    AbemaTIMES

  8. 8

    日産社長 切られる前に切ったか

    片山 修

  9. 9

    たけしでも逃れられぬ老後の孤独

    fujipon

  10. 10

    日銀元関係者が匂わす秘密の存在

    久保田博幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。