記事

「『目的のためにチームを組み直す』っていうところがルフィの、そして『ONE PIECE』のすごいところ。」

1/2
画像を見る

コミック累計発行部数が3億部を突破し、『ギネス』世界記録にも認定された国民的マンガ『ONE PIECE』。主人公ルフィが海賊王になるために「ワンピース」(ひとつなぎの大秘宝)を探し海に出る冒険物語です。この『ONE PIECE』から次世代のチーム創りのヒントを読み解き、ビジネスに生かす実践案を提示する書籍『『ONE PIECE』に学ぶ最強ビジネスチームの作り方』(集英社)をマンガナイト代表・山内康裕さんが上梓(※)しました。

今回は著者の山内さんをホストに、『ONE PIECE』好きで、ビジネスや教育を通じた社会変革の実践者であるお二人(小林琢磨さん[株式会社サーチフィールド代表取締役社長/株式会社ナンバーナイン代表取締役社長]と兼松佳宏さん[京都精華大学人文学部 特任講師/元greenz.jp編集長])を招き、『ONE PIECE』の「読み方」の違いから人のメンテリティを知る方法、キャラクターにみるリーダー像、次世代チーム創りのためのヒントまで、ほとばしる「ワンピース愛」とともに語り合っていただきました。

※マンガナイトメンバーであるいわもとたかこさんとの共著

●山内康裕さんの鼎談連載「マンガは拡張する[対話編+]」はこちら
●兼松佳宏さんの連載「空海とソーシャルデザイン」はこちら

心が動くポイントは読み方で変わる

画像を見る
『『ONE PIECE』に学ぶ最強ビジネスチームの作り方』(集英社)

山内康裕(以下、山内):僕は仕事柄、これまでたくさんのONE PIECEファンに会ってきたんですが、それぞれグッとくる話って結構違うんです。Aさんは「マリンフォード編」が好きだけど、Bさんは「空島編」が好き、とかですね。これはなぜかというと、その人のメンタリティの違いが影響しているから。このメンタリティを「ヤンキー」「オタク」に単純化して分類、分析しているのが今回出した本(『『ONE PIECE』に学ぶ最強ビジネスチームの作り方』)なんです。

「ヤンキー」なら仲間とのつながりを大切にし、気合と根性を重視し、集団への帰属意識が高いといった特徴、「オタク」なら多様性を大事にする、情より理屈を重視し、集団に合わせるより自分の関心を優先させるといった特徴があると本では定義しています。同じ『ONE PIECE』を読んでも、ヤンキーが好きな話とオタクが好きな話は違う。

ヤンキーがオタクの見方を、オタクがヤンキーの見方を知れば、ヤンキーとオタクの相互理解につながると思っていて、それがこの本を書く動機の一つになっています。なので、まずはお二人の好きなシーンを聞くところから始めたいなと。

兼松佳宏(以下、兼松):一つに絞りこむのは難しいですが、現実社会とのつながりという意味で印象に残っているのは「魚人島編」ですね。特にジンベエがルフィに輸血するシーンにはウルッときました。ちょうど「アラブの春」の時期で、宗教や人種の枠を超えた団結のストーリーは『ONE PIECE』の世界だけの話だって思えなくて。

[画像をブログで見る]

魚人のジンベエから人間のルフィへの輸血(JC66巻 p.44より) ©尾田栄一郎/集英社

山内:たしかに『ONE PIECE』はその辺のファンタジーとリアルのバランスがちょうどいいと思う。リアルな世界を直接的に見せつけられてしまうのが辛い人にとっては、ファンタジーの世界で表現してくれた方がいい。「魚人島編」はまさにそう。魚人というファンタジーな存在を作っておきながら、感情移入しやすいようなしっかりとしたキャラクターを作っているから、現実と一定の距離を保ちつつ、深く共感もできるという。

こんな風に、現実世界と照らし合わせてみたりして、多層的、分析的に読むことを僕の本の中では「オタク読み」と呼んでいて、対して「ヤンキー読み」というのもあって、これは主人公に感情移入して分かりやすい展開を好む読み方。例えばファンタジー要素がかなり強い「空島編」は「ヤンキー読み」をする読者にはわかりにくかったかも。

小林琢磨(以下、小林):なるほど。確かに、『ONE PIECE』の長い歴史の中で、読者が「離脱」するポイントって大体一緒ですよね。「空島編」か「ウォーターセブン編」。「ウォーターセブン編」は単純に一つのエピソードとして長かったかなと。単行本で読むとあまり感じないけれど、連載を毎週読んでいると……。長編モノの宿命みたいなところはあると思うんですが。

山内:小林さんの好きなシーンはどこですか?

小林:二つあります。一つは「頂上戦争編」。僕が一番『ONE PIECE』にハマっていたのって最初の10巻までだったと思うんです。それから高校生になって、大学生になって、社会人になって、と年齢が上がるほど「大人になっても『ONE PIECE』を読み続けている自分が恥ずかしい」っていう気持ちが出てきたんですよね。

けれど頂上戦争の時は『ONE PIECE』が読みたくてジャンプを買っていました。歴代の主なライバルキャラクターがみんな集合するなんて、面白くないわけがない。仮にこれが最終回だと言われても納得できるレベルの話だったと思います。『ONE PIECE』の長い歴史で一つの区切りになったのが頂上戦争だったのかなと。

山内:たしかに。『ONE PIECE』を読んでいて頂上戦争編が嫌いな人っていないですよね。「ヤンキー」はルフィの信念を貫く姿や「兄弟」の絆に涙し、「オタク」は組織の在り方を分析する。頂上戦争は「ヤンキー読み」・「オタク読み」のどちらも大いに満足させる最強ストーリーと言っていいと思います。

あわせて読みたい

「ワンピース」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「天皇謝罪で慰安婦解決」は大嘘

    MAG2 NEWS

  2. 2

    夕刊フジ「韓国一面祭り」のワケ

    文春オンライン

  3. 3

    反日姿勢に米の韓国離れが加速か

    MAG2 NEWS

  4. 4

    10連休で支障ない行政は給与泥棒

    川北英隆

  5. 5

    橋下氏 五輪相カンペ謝罪に指摘

    橋下徹

  6. 6

    五輪相の失言は全文読んでもダメ

    永江一石

  7. 7

    いきなりステーキ NYでなぜ苦戦?

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  8. 8

    韓国の日本軽視 裏に存在感低下

    WEDGE Infinity

  9. 9

    エロ本排除を招いた出版社の失策

    文化通信特報版

  10. 10

    眞子さま 皇籍離脱して結婚も?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。