記事

衝撃の逆転劇、民主党新代表は野田氏

1/2
 29日の民主党代表選挙の結果、菅直人首相に代わる新代表に野田佳彦財務相(54)が選出された。激戦を終えた野田氏は「怨念を超えた政治」と党内融和を訴えた。

 第一回投票では海江田万里経済産業相(62)が143票でトップに立ったが過半数に達せず、102票を獲得して第2位の野田氏との間で決選投票が行われることになった。前原誠司前外相(49)は74票、鹿野道彦農相(69)は52票、馬淵澄夫前国土交通相(51)は24票と及ばなかった。

 ところが決選投票では、海江田氏の177票に対して、野田氏が215票と逆転勝利を収めた。第一回投票で前原、鹿野、馬渕の三氏に投票した陣営の多くは、決選投票では野田氏に投票したようだ。海江田氏を支持する小沢氏への党内の警戒感が根強いことが露わになった。

 野田代表は同日中に党幹事長ら党役員人事に着手する。30日にも衆参両院の本会議で、首相指名選挙が行われ、第95代首相に選出される。

 代表選は同日午前11時から東京都千代田区のホテル・ニューオータニで始まった。投票資格を持っているのは衆参両院の民主党議員のうち、党員資格停止処分を受けている小沢一郎元代表ら9人を除く398人。第一回投票では、そのうち395票が有効投票だった。過去最多の5人が立候補する乱戦になる中で、党内最大の小沢グループの支援を受ける海江田氏が100票以上を固めて一歩リードしていると見られていた。

開票結果


 
候補者名
棄権
/その他
海江田万里 鹿野道彦 野田佳彦 前原誠司 馬淵澄夫
結果 1回目(有権者数398) 143 52 102 74 24 3※1
決選(有権者数398) 177 215 6※2
調査 読売新聞(27〜28日)
 ※電話方式、n=1055
12% 2% 9% 48% 5% 24%
朝日新聞(25〜26日)
 ※電話方式、n=973)
5% 1% 4% 40% 4% 46%
フジテレビ「新報道2001」
(8月25日) ※n=500
6.2% 1.0% 5.0% 53.0% 3.4% 31.4%
BLOGOS(27〜29日、)
 ※ネット調査、n=4465
42.2% 4.1% 5.7% 21.4% 26.6%
Amebaピグ(22〜25日)
 ※ネット調査、n=10,9365
7.0% 2.2% 5.9% 35.8% 4.7% 44.4%
Yahoo!(27〜29日)
 ※ネット調査、n=27220
21.5% 4.4% 8.1% 47.6% 18.3%

※1横路孝弘衆議院議長、西岡武夫参議院議長、松本龍前防災担当相が棄権。
※2 うち無効票が3。


アンケート




民主党代表選特集


決選前の野田氏の最後の訴え



 398名の同士の皆様の一票は1億人の国民を踏まえた対応をしたいと思います。EUにおける財政の問題、アメリカにおける債務問題。世界経済の不安、金融不安が広まっています。こうした流れの中で日本丸が漂流することのないようにします。3党合意を無視して国会は進むでしょうか。野党の皆さんの主張をよく聞きながら、下心ではなく真心で野党の皆さんに納得していただいて、国会運営を進めたいと思っています。皆様の懸命なるご判断を頂きたい。

決選前の海江田氏の最後の訴え



 第一回投票で私に入れていただいた方、有難うございます。その際、入れて頂かなかった方にもお訴えしたいと思っています。あの2年前の政権交代の総選挙の熱い思いを、「よし、新しい政治をやるんだ」と思った気持ちをまた取り戻して頂いて、2年目の記念日を迎えたいのです。今回の政権の任期の2年間、最後の残されたチャンスではないでしょうか。新しい政策で2年を乗り切る必要が、日本の転換点を迎える必要があります。やはり、お互いの意気に感じ、お互いに感じあう挙党体制を築いて参りたい。2年前の政権交代をさせていただいた国民の期待に応えさせていただきたい。2年後に「あのときに政権交代してよかったんだ」と国民に思ってもらえるようにしたい。心からよろしく申し上げます。

第1回投票での前原誠司氏の訴え



2006年3月末に民主党代表を辞任して以来、今日に至るまで民主党を運営していらした小沢代表、鳩山代表、菅代表に感謝申し上げます。菅政権の幹事長を務め務めてらした岡田幹事長にもお礼を申し上げたい。

献金を受けた外国人の方は、中学2年生の11月に、京都・山科の団地に引っ越したときからの縁。でも、そんな言い訳は通りません。徹底的に調査し結果を発表させていただきました。スタッフとの意思疎通を欠いた私のミスです。しかしに、献金をいただいた方との関係は神に誓ってやましいものはありません。

メール問題などの苦い経験を乗り越えて、国難の克服に果たさせていただくためには、個人としての自分には限界があります。専門分野を持つ若手や諸先輩の力を借りて頑張りたい。

今なお被災地では9000人近い方が避難所での生活を余儀なくされています。福島の方々、特に乳幼児を抱える方々が放射能を浴びるリスクに怯えています。日本に元気を取り戻すのが喫緊の課題であります。日本が戦後復興をなしとげたのは、明日への希望があったからです。政治が人々の傘になり、希望の光を届けるべきです。

戦後、国家政策なき財政運営が極めて脆弱な日本経済の構造を生み出しました。民主党のマニフェストをさらに深化させて実現しなければなりません。

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    反安倍勢力を警察が「予防拘禁」

    田中龍作

  3. 3

    トランプ来日はシンプルにいい話

    篠田 英朗

  4. 4

    夏のユニクロ肌着 苦手な男性も

    NEWSポストセブン

  5. 5

    安倍首相は天皇の政治利用を慎め

    小宮山洋子

  6. 6

    賛同者も? 長谷川豊氏の差別発言

    非国民通信

  7. 7

    サンジャポがねつ造か 非難の声

    女性自身

  8. 8

    首相は日米会談の合意内容明かせ

    大串博志

  9. 9

    山下達郎&まりやが海外で大人気

    NEWSポストセブン

  10. 10

    かぶる傘 五輪中なら悪くない案

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。