記事

高須クリニックの高須克弥氏の言動が度を超している 顔色を見て腫れものに触るようなマスコミ

 高須クリニックの院長である高須克弥氏の言動があまりに度を超しています。

 事の発端は、民進党の大西健介議員の国会での質問が名誉毀損だとして損害賠償請求訴訟を提起したことによります。しかも同党の代表である蓮舫氏も被告に加えています。

 最初の第1回口頭弁論期日では、大西氏と蓮舫氏は出頭せず代理人のみが出頭しています。

 そして、民進党側が早期に勝訴を確信しているとコメントを発表しています。
高須クリニック名誉毀損訴訟で民進党「勝訴の判決を確信」」(産経新聞2017年7月24日)

「被告らは、本日の答弁で、原告が主張する名誉毀損が成立せず、原告の主張が認められないことを詳細に明らかにした。このため、本件では、被告ら勝訴の判決が早期に下されるものと確信している。」
 これに対して、高須氏は、筋違いのツイートをしています。

画像を見る

画像を見る

画像を見る

 蓮舫氏まで敢えて訴えを起こしていますが、見るからに民進党憎しという感じがします。高須を応援するツイートもそういった観点からのものばかりが見受けられます。

 高須氏が民事訴訟の慣行を知らないとはいえ、答弁書は事前に提出されていたのですから、自身の代理人弁護士から見せられていなかったのでしょうか。自身まで出頭していたのですから、隣にいる代理人弁護士が答弁書も持っていたでしょうに(当日、提出されれば、その場で見せられるのですから当然に確認できたことです。)。何故、このようなツイートをされたのか、非常に疑問です。

高須院長「民進党は何も反論しなかった」は誤解? 15ページの書面で反論していた」(弁護士ドットコム)

 同訴訟で高須氏は意見陳述をしたというのですが、その訴えの内容とは関連性のないものでした。
「「『イエス高須クリニック』は妻の遺産であり私の宝です」 高須克弥院長、涙の意見陳述 東京地裁名誉毀損訴訟」(産経新聞2017年7月24日)
 「亡き妻」のアイディアが大西氏の発言が名誉毀損であるということとどのような関係があるのか全く意味不明です。

 国会議員には院内での発言には免責特権があり(憲法51条)、それだけでも民事訴訟として厳しいものと思われますが、それ以上に問題なのは、次の出来事です。

高須クリニックの高須克弥院長が「ミヤネ屋」出演の浅野史郎・元宮城県知事に激怒 提訴も辞さず」(産経新聞2017年7月25日)

「美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が25日、同日放送された日本テレビ系・読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、高須氏が民進党の大西健介議員を名誉毀損で訴えた裁判をめぐって、番組に出演した元宮城県知事の浅野史郎氏が名誉毀損には当たらないなどと発言したことに対して「明日中にお詫びがなければ提訴します」との方針をツイッターで表明した。」
 私にしてみれば論評の域を超えないものと思いますが、それがたちどころに訴訟通告するというのですから、これでは恫喝でしょう。

 大西謙介氏に対する訴訟であれば、当事者としての訴訟であり、無理筋かなとは思いますが、裁判を受ける権利(憲法32条)からは許容されるでしょう。相手に出て来いというのはともかく、さらにその対象を広げようというのは問題です。

ミヤネ屋が浅野氏発言を生謝罪へ…高須院長「満足ならば提訴しないしスポンサーも続ける」」(スポーツ報知2017年7月25日)

「高須院長は「いまミヤネ屋から『本日番組内でお詫びします』と連絡が来た」とし、「『浅野史郎さんが不愉快な発言をして宮根さんが一生懸命フォローしようとしていた時間帯でお願いします』と回答した 3時40分前後になる予定」とツイッターで報告。「満足するものになるか期待。満足ならば提訴しないしスポンサーも続けると確約したぜ」と謝罪の内容次第で怒りを静めることを明かした。」
 スポンサーを降りることも選択肢の1つとして通告したのでしょう。しかし、スポンサーだからの恫喝であり、こういったレベルの人に牛耳られる番組ってどうなのかなと思います。全てスポンサーの顔色をうかがって製作するということになるのだったら、情報発信が目的の番組なのですから、番組として成り立たないでしょう。

 コメントを求められたゲストは、みな、「そうだ、そうだ」ということにしたかったのですか。

 それこそ異様な姿ですし、ゲストとしての意味もなくなります。公共の電波を使った放送としては問題でしょう。

スポンサー高須院長の恫喝に屈し全面謝罪した『ミヤネ屋』読売テレビは「表現の自由」を捨てるつもりなのか!」(リテラ)

 産経新聞がかなり力を入れて報じていますが、読売テレビももう少し、マスコミとしてのプライドをもってもらいたいものです。

あわせて読みたい

「高須クリニック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  5. 5

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  6. 6

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  7. 7

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  8. 8

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  9. 9

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  10. 10

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。