記事

蓮舫代表の辞任表明─大変残念だが、次の代表が決まるまで全力投球で

昨日、蓮舫代表が辞任を表明されました。

驚きましたし、大変残念なことですが、ご本人が決断された以上、受け入れざるを得ません。ただ、安倍政権の抱える問題は山積しています。次の代表が決まるまでは、野田幹事長ともども全力投球してもらう必要がります。私たちももちろん、しっかり支える決意です。

一部で、私が蓮舫代表や野田幹事長から幹事長就任を打診され、断ったとの報道がなされました。しかし、いずれからも打診の事実はなく、全く根拠のないことです。私は、確認の取材すら受けていません。しかも先週、代表から打診されたとの報道があったときに、事実に反すると指摘したにもかかわらず、今度は幹事長から打診があったと報じたのです。

いま、報道したテレビ局に抗議し、説明を求めているところです。どこかで聞いてきた噂話のたぐいを、検証なしにテレビニュースで流すというのでは、「フェイクニュース」と言われても仕方ありません。

あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  2. 2

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  3. 3

    照射問題に前防衛相「怒り示せ」

    佐藤正久

  4. 4

    女芸人 大御所もセクハラはダメ

    たかまつなな

  5. 5

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  6. 6

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  7. 7

    韓国が協議非公開破り事実捏造も

    城内実

  8. 8

    男、夜遊び、嫉妬 NGTに裏の噂も

    NEWSポストセブン

  9. 9

    堀江氏も敵視 急な電話は非礼か

    キャリコネニュース

  10. 10

    ヒカキン見るな 親の葛藤を痛感

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。