記事

細野原発相「隠す方がパニック」 放射能の情報公開に意欲を示す

1/3
 7月22日、東京・麹町の自由報道協会の会見場は60人近い報道陣が詰めかけ、いつになく緊迫した空気にあふれていた。無線機を持ったコワモテの男たちが、会見場の警備を固めている。警視庁のSPだ。これから現れるのは、細野豪志・原発事故担当相(39)。フリーランスやネットメディアにも開かれた記者会見を実現するべく作られた自由報道協会だったが、現職大臣が会見に応じるのは初めて。しかも、相手が福島第一原発の事故処理を担当する細野氏とあっては、緊張するのも当たり前だろう。【取材・文:安藤健二(BLOGOS編集部)】


「放射能は200万分の1まで減少した」



 定刻通りに颯爽と現れた細野氏は、ノーネクタイのリラックスした姿。カメラのフラッシュが焚かれる中で、立ったまま挨拶。「前に事務所を伺ったときは、随分狭苦しいところだと思いましたけど、立派な会見場を開かれたということでお祝い申し上げたいと思います」と軽口を叩いて笑いを取った。民主党の若手ホープと言われるだけあって、堂に入ったしゃべり方だ。「自由な場所なんでフランクにやりたいところではあるんですけど、私の扱っている問題というのは、なかなかフランクにやれる種類の物ではないものですから、中身は堅い物になってしまいますが、しっかりやりたい思います」として、会見を始めた。まずは、司会者の上杉隆氏から質問があった。

―今週ですね。福島第一原発事故の収束に向けた工程表のうち、「ステップ1」が終了したという発表がありましたが、「当初の目標を達成できてないのでは」という声も出ています。何を持って「終了した」と言えるのかという根拠を教えてください。

細野豪志氏(以下、細野氏):確かに、上杉さんが指摘されたように、4月17日に作られたロードマップの中には、途中で達成を諦めた物もありますし、「100%達成できてない」という物もあります。

例を一つあげますと、当初、冷却のやり方として「冠水」という方法を考えておりました。この原子炉圧力容器・格納容器に水を溜めていっぱいにすることで冷やすつもりだったんですが、ただ現実的には圧力容器にも格納容器にも穴が開いていることが、割と早い時期に明らかになりました。なので、循環注水冷却という方式を取ることになりました。やり方は変わりましたけども、冷却そのものは安定的に出来るようになったと思っています。

具体的には1号機については100度ちょっと、2号機と3号機は130〜150度あたりという形になっていますので、方法は変わりましたが、安定的に冷却できたと。そういうことで、結果は出せたということでこういう評価をさせていただきました。

もう一つ、非常に重要なのは、何のために冷却するのかということです。もちろん、発電所の暴走を止めるという意味で非常に大事なんですが、もう一つ重要なこととして、外に漏れている放射能の量をできるだけ少なくしなきゃいけないという目的があるわけです。その目的からすると、事故の直後に出ていた放射能の量と、今の(第一原発の)足元の数字を比較しますと、大体、200万分の1まで減少してきている。これは東京電力が評価をし、それを(原子力安全・)保安院が是とした物でございます。

これまで、3月に相当量出ていますから、それが地上に付着して(未だに)高い放射線レベルに達しているところも、もちろんあるわけですけども、日々、どれくらいの放射能の量が出ているかということで比較すれば約200万分の1まで減少している。それもかなり大目に見積もって、という数字になっています。

「全く出ていない」と言うことまではできないわけですけれど、当初の目的だった「放射能の飛散を低下させていく」という方向も含めて、ステップ1が達成できたと考えました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  2. 2

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  3. 3

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  5. 5

    布マスク配布より緊急事態宣言を

    やまもといちろう

  6. 6

    藤浪と会食の若手アナが出勤停止

    文春オンライン

  7. 7

    コロナ疎開 佐久市長の発信支持

    小宮山洋子

  8. 8

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  9. 9

    首相 全世帯に布マスク2枚配布

    ロイター

  10. 10

    通勤で不可避 電車での濃厚接触

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。