記事

消費者物価指数6月は0.4%上昇、携帯下落でプラス幅横ばい=総務省

[東京 28日 ロイター] - 総務省が28日公表した6月の全国消費者物価指数は、指標とされる生鮮食品を除いたコアCPIが前年比0.4%上昇した。5月と比べプラス幅は横ばいだった。電気代などエネルギー価格が上昇した一方、携帯電話機が大幅に下落した。先行指標とされる7月の東京都区部コアCPIは前年比0.2%の上昇。エアコンなどの値上げによりプラス幅は6月のゼロ%から拡大した。

6月の全国は、5月と比べガソリンの前年比プラス幅が縮小し、携帯電話が大きく下落(前年比10.2%)した一方、電気代やガス代、6月に増税されたビールなどが指数を押し上げた。

物価の基調的な動きを示すとされる生鮮及びエネルギーを除く指数は、前年比ゼロ%で、5月と横ばいだった。

<7月都区部はエアコン値上げが指数押し上げ>

7月の都区部も、電気代やガス代のプラス幅が拡大。エアコン・洗濯機の値上げや外国パック旅行の上昇が指数を押し上げた。生鮮及びエネルギーを除く指数は前年比0.1%の下落で、6月より0.1ポイントマイナス幅が縮小した。

*内容を追加します。

(竹本能文)

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  2. 2

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  5. 5

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  6. 6

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  8. 8

    正月休み延長 非正規に配慮せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  10. 10

    コンパニオン旅館をGoTo対象外へ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。