記事

中国百度、第2四半期は83.5%増益 モバイル・AI戦略が寄与

[28日 ロイター] - 中国のネット検索大手、百度(バイドゥ)<BIDU.O>が発表した第2・四半期決算は83.5%の大幅増益となり、主力のネット広告事業を巡る当局の取り締まりが痛手となった前年から回復の兆しを見せた。モバイルや人工知能(AI)分野に的を絞った戦略が寄与した。

第2・四半期の純利益は44億1000万元(6億5400万ドル)。前年同期は24億元だった。

売上高は14.3%増の208億7000万元。増収率はトムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想の13.8%を上回った。

モバイル部門が売上高全体の72%を占め、昨年の62%から寄与度が拡大した。

アクティブ・オンラインマーケティング顧客数は21%減少したものの、1顧客当たりの収入は32%増加した。

百度は第3・四半期の売上高について、231億3000万─237億5000万元との見通しを示した。増収率見通しは最大30%。

中国当局は昨年5月、百度でがん治療について検索した大学生の死を受けて同社に調査チームを送った。

百度は主力事業再編の一環として、自動運転プラットフォームの開発やAI分野への投資、クラウドやビッグデータの開発に力を入れている。

今月初めには自動運転車を開発する「アポロ計画」でフォード・モーター<F.N>やエヌビディア<NVDA.O>など50のパートナーと連携すると発表した。

マーブリッジ・コンサルティングのマネジングディレクターは「検索事業への依存を減らすために必要なことを行った結果だ」として決算内容を評価。

「騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>やアリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>がさまざまな分野に事業を広げる中、百度は現在かなり的を絞った戦略を展開しているようだ」と指摘した。

百度の米上場株は引け後の時間外取引で6.9%急伸した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  3. 3

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  4. 4

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  5. 5

    東京都で過去最多となる2848人の感染確認 20代951人、30代610人…重症者は4人増の82人

    ABEMA TIMES

    07月27日 17:07

  6. 6

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  7. 7

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  8. 8

    安定的な皇位継承 旧宮家の男系男子の皇籍復帰が必須だ

    和田政宗

    07月27日 13:45

  9. 9

    東京の新規感染者数が2848人…「緊急事態宣言って何」の声

    女性自身

    07月27日 21:31

  10. 10

    「世襲議員」は是か非か、制限することは可能なのか。まずは政治資金団体を課税対象にするのが現実解?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月27日 10:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。