記事

7月27日(木) ムネオ日記

 25日、参院予算委員会での質疑の中で民進党の櫻井充委員が答弁する山本幸三大臣に対し、大きな声で質問席から「出ていけ」と発言している。

 答弁者を決めるのは委員長である。よく野党民進党の人は「総理に」というが、委員長しか答弁者を決めることは出来ない。これは議会の常識である。

 この櫻井氏の神聖なる国会の場に相応しくない発言に対し、メディアの批判があると思いきや、2日経っても何の反応もない。こうした現状を不思議に思うものである。

 25日の櫻井氏の発言で基本的に間違っているのは「小さいこととはなんだ、失礼だ、出ていけ」と言っているが、山本大臣は「そういう細かいことを首相に尋ねても無理だ。担当している私からお答えする」と言っている。「小さいこと」とは言っていない。事務的な細かいことなので担当の私からと言っているのだ。

 言ってもいないことに大きな声で、しかも「出ていけ」はないだろう。この点、与党の理事もしっかり真意を国民に知らせるべきである。懲罰にすべき言動ではないか。

 勘違いをもとに、さもさもの様に正義感ぶる態度に政治家としてのレベルを考えさせられる。

 「政治家である前に、一人の人間であれ」と私は若い政治家に伝えている。

 私の処に「櫻井は何様のつもりだ『小さいこと』とは山本大臣は言っていない。与党理事もしっかりしろ」と言った声が沢山寄せられた。

 発言の削除や、委員会での注意など民主的手続きをすべきでないか。こうしたことを一度見過ごすと慣例となって益々国会が軽いものになってしまうと心配するものである。

 16時から東京大地塾。今月のテーマはエカテリンブルグでの「森-プーチン会談」でいつも通り佐藤優さんから話を戴く。佐藤さん流の見立てに納得した人は多かったことだろう。

 暑い中、大勢の人が参加してくれ有難い限りだった。

※東京大地塾



あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    徴用工めぐり文大統領が無能発言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    紀平梨花 練習のため親が家売却

    NEWSポストセブン

  4. 4

    花田優一氏が離婚 元義父は激怒

    女性自身

  5. 5

    カナダは中国の圧力に耐えうるか

    奥山真司

  6. 6

    黒木華を監督が両断「ヘタクソ」

    BLOGOS編集部

  7. 7

    J&J株 ベビーパウダー報道で急落

    ロイター

  8. 8

    現役医師「妊婦加算の何が悪い」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    立民 安倍政権は沖縄の情がない

    立憲民主党

  10. 10

    仏デモ 最低賃金上昇は焼石に水

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。