記事

【新聞チェック】天才ハッカーを社員採用のワケ、ソニーを“脱獄”したジョージ・ホッツ氏を雇うフェイスブック

 ソニーのTVゲーム機「プレイステーション3」(PS3)をハッキングしたことで知られる天才ハッカー、ジョージ・ホッツ氏(21)が堅気の道に入った。世界最大級の交流サイト「フェイスブック」が、彼を社員採用したのだ。著作権をめぐってソニーと裁判沙汰になっていた彼を、超一流IT企業がなぜ雇ったのか。29日付の日経産業新聞が「異才、成長の試金石」という記事で詳しくレポートしている。

「ソニー攻撃の引き金になった」との見方も


 
 この記事によると、ジョージ・ホッツ氏は07年8月末、当時発売されたばかりの米アップル社のスマートフォン「iPhone」の携帯電話会社を自由に選べるように改造。世界的に注目されるようになった。当時、まだ17歳。ジョージア州のエリート公立高校を卒業し、ロチェスター工科大学(ニューヨーク州)への入学を待つ夏休み中だったという。
 
 ホッツ氏はそこから、製造会社が施した制限を突破して機器を自由に使えるようにする「ジェイルブレイク(脱獄)」技術を持つ天才ハッカーとして活動。09年末からは難攻不落と言われたPS3のジェイルブレイクに挑戦し、10年12月に成功させた。翌年1月にその手段をブログで公開したところ、ソニーに著作権法違反で訴えられた。ホッツ氏は3月末に和解したが、この一連の経緯が、ソニーへのハッカー攻撃の引き金になったとの見方も出ている。
 
 フェイスブック社は「ホッツ氏の入社は事実だが、現時点でそれ以上お答えすることはありません」としているが、米国のメディアの一部からは、フェイスブックのタブレット向けアプリの開発をしていると報道も出ている。

技術至上主義の社風



 日経産業新聞の記事では、フェイスブック社がホッツ氏を雇った理由を、同社の独特な社風にあると推測している。
 ソニーの目には“厄介者”としか映らないであろう同氏を雇ったのは、フェイスブックの基本的な考え方と関係がある。米シリコンバレーのフェイスブック本社。最初にここを訪れた多くの日本人は壁面を見て驚く。「HACK」――。こう大きく記してあるからだ。ここでは「ハック」は情報システムへの不正侵入ではなく、高度なプログラミングなどを指す。

 自らプログラムを書くマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が設立した同社は元来「ハック」という言葉に代表されるように技術至上主義の色彩が濃かった。
 最近は大手メディアや政界で実績を積んだ「エスタブリッシュメント」の採用が増えていた同社が、原点に帰って有能な技術者をどんどん雇うためのPR材料として、ホッツ氏を雇ったのではないか?と結論付けている。

BLOGOS関連記事



フェイスブックがハッカーを社員にしたSONYへの影響は?
 マーケティングの専門家、大西宏氏は「君子危うきに近寄らずから、さらに一歩踏み込んで、危うきを味方にしてしまうぐらいのおおらかさが必要だということでしょう」と、フェイスブック社の判断を支持する。

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  4. 4

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  7. 7

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。