記事

【特集:震災から100日(5)】震災1ヶ月で再開した宮古市魚市場〜生き残った11隻のトロール船〜

1/2
岩手県宮古市魚市場。津波で市場の柱と屋根以外は全て流されたものの、震災からわずか1ヵ月後の4月11日に営業を再開した。市場の復興を後押ししたものは何だったのか。水産業の町の今を訪ねた。【取材:構成 田野幸伸(BLOGOS編集部)】



無事だった11隻のトロール船


−甚大な津波の被害から、一ヶ月で市場を再開できた理由は?

地震が起きた時、宮古所属のトロール船がちょうど水揚げ中。すぐに沖に避難して、無事だった。作業中だから助かった。仕事が終わって、船員の方が引き上げていればダメだったね。いったん帰ってたら、絶対間に合わない。船は陸に打ち上げれれていたと思う。定置網船もが17隻〜18隻あったけど全滅。5月に1隻だけ復活したが、宮古漁協管轄の漁船は9割やられた。町のあちこちに船が転がっている。一隻漁船、小さい船の被害は皆目検討が付かない。でもトロール船が11隻残った。だったら、(市場の再開を)するしかないだろと。皆さん頑張った。船が残ったんだから、市場を開くしかない。東北の各港がやられてるから、他の定置網漁船も受けて揚げられるようにしないと。他の分まで頑張らないとね。
修復中の宮古市魚市場 写真一覧
−1ヶ月でどんな作業を

機材ほとんど流された。一刻も早く再開するという趣旨の元、機材をそろえようと走った。量り、タンク、カゴ・・・出来るところから必要なものを集めた。回収作業も進めた。津波で陸に流されたものを宮古地区全体を集めて回った。使えるものは使わないと。津波の引きは案外早かったが、残ったヘドロがすごかった。

−再開してみていかがでしたか?

船の乗組員・仲買人・市場の職員、みんな車を流されているから、交通手段がない。港に来るのも一苦労。みんな被災者だからね。地震の時、駐車場に車が何百台か止まっていたが、全部流れて言った。自動車が無事だった人だってガソリンがないし、瓦礫で道もないし。自転車が本当に役にたった。今も売り切れてて買えない。ちょうど4月の入学・就職シーズンだったし。自転車が足りない。宮古ではずっと車の生活だったから、初めて自転車のありがたみがわかった。何十年ぶりに乗ったよ(笑)

フクシマ=日本の風評被害



−流通はいかがでしょう?

魚は流通には乗って、東京でも買えるようになった。でも原発問題があって、広い地域で魚の安全性は大丈夫なのかと言う報道もある。今のところは宮古の魚に問題はない。対策は出来ているし検査も大丈夫だった。でも、戻ってきた需要は3割くらい。輸出が風評被害で止まってしまった。中国向け、韓国向けがゼロになった。特にスケソウ(タラ)類。取引の半分は国外向け。原発原発が世界中に広まって、日本の魚は食べてもらえない。原発は福島だけど「日本」は全部同じにみられてしまう。被害のない地域でも。水産加工工場で働いていた中国の人たちも全部引き上げてしまった。魚の値段は半分以下。高い油を燃やして獲ってきた魚が例年の半値。猟師さんたちも見合わせながら水揚げしている。漁をしても赤字じゃしょうがない。

それに魚の受け入れ態勢も戻らないと。ここだけ復興しても、冷蔵庫屋さんとか冷凍倉庫とかがやられている。この前大阪でスケソウを食べようって調理方法とかPRしてくれてたけど、ああいうのはありがたいね。スケソウは美味しいんだとアピールできると。輸出だけでなくて、国内で食べてもらえると大変ありがたいねえ。(韓国ではチゲ鍋の具としてスケソウダラが人気)
無事だったトロール船 写真一覧

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNSでコロナ避難 危機感募る沖縄

    小林ゆうこ

  2. 2

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナ方針 国が変更し都に圧力?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  5. 5

    東京都が休業を要請する施設一覧

    AbemaTIMES

  6. 6

    国民の理解得ぬコロナ議論は不毛

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    緊急事態宣言も緊迫感ない芸能界

    渡邉裕二

  8. 8

    コロナより東京五輪重視したツケ

    WEDGE Infinity

  9. 9

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  10. 10

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。