記事

内閣不信任案、64%が「可決されると思う」

1日、自民・公明・たちあがれ日本の3党共同で提出された菅内閣に対する不信任案は、否決されるか可決されるかは極めて流動的な情勢となっている。
採決は13時ごろから行われ、結果は15時ごろまでには判明する見通し。

これに伴い、livedoorでは「菅内閣不信任案は可決されると思う?」という質問でネットリサーチを開催しており、午後12時30分現在で4761票の回答を得ている。

現時点ではユーザーの見方は「可決されると思う」が64.1%とやや優勢、「思わない」は35.9%に留まっている。



可決されると「思う」方から寄せられたコメントは
「あくまで希望で思うに一票」
「否決されてももう菅内閣は駄目でしょうね」
「民主党議員にとっては、任期満了(2013年)まで菅と共に“針のムシロ”に座らされた揚句に落選するのと、今落選して出直しを図るのとどっちが得かでしょう。」
「そう思いたい。ただ小沢辺りが『バラマキ法案をこの国難の時期(例えば5年間?)は取り下げる』と表明すれば、自公と連携が取り易くなるだろうけど。」
と、投票者の可決に対する希望も込められた格好となっている。

これに対し、「思わない」側のコメントとしては、
「81人は大変な数。そんなに造反するわけがない。可決はあり得ない。」
「内閣不信任案の可決には過半数の240票が必要なんだけど、自民118公明21共産9みんな5その他4野党系無所属2で合計159票。『81』も足りないんだが? これで「思う」なんていってる人は願望・妄想に過ぎない。」
「国会議員の発言を聞いてると、どうもならない確率のほうが大きいみたいね。でも民主党内から同調者が多数出ることは確実で、これを期に大規模な政界再編期に入ることはまちがいない。」
「解散されたら討ち死に確実な民主党の反主流派が81人も賛成しないと可決不可能なんだから可決したら奇跡ってくらい無理がある。可決して解散になったら嬉しいけど明らかに現実的ではない。」
と民主党内の造反者の数が不信任案可決ラインに足りないのではないかとの見方が強い。

解説はこちらから


2日午前に行われた会談で、亀井国民新党代表が菅首相に対して退陣要求を行ったという報道も伝わる中、こうした緊迫した状況を受けて、菅首相は民主党の代議士会で「震災・原発対応にメドがついた段階で」退陣を表明しており、改めて民主党内の結束を呼びかけている状態。

共産は採決への棄権を決めており、社民も同様の構えだが、どちらに転ぶかは最後まで分からない。
BLOGOS編集部でも随時速報を流していく。
(BLOGOS編集部・野村)


BLOGOS・内閣不信任案速報ページ
可決か解散か、15時ごろ判明 - BLOGOSテーマ
BLOGOS編集部のtwitter
【新聞チェック】「無責任にもほどがある」「人災に決別を」 内閣不信任案で割れる各紙の社説

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。