記事

【読書感想】バッタを倒しにアフリカへ

2/2
 バッタの翅(はね)には独特の模様があり、古代エジプト人は、その模様はヘブライ語で「神の罰」と刻まれていると言い伝えた。「蝗害(こうがい)」というバッタによる被害を表す言葉があるように、世界的に天災として恐れられている。

 なぜサバクトビバッタは大発生できるのか? それはこのバッタが、混み合うと変身する特殊能力を秘めているからに他ならない。まばらに生息している低密度下で発育した個体は孤独相と呼ばれ、一般的な緑色をしたおとなしいバッタになり、お互いを避け合う。一方、辺りにたくさんの仲間がいる高密度下で発育したものは、群れを成して活発に動き回り、幼虫は黄色や黒の目立つバッタになる。これらは、群生相と呼ばれ、黒い悪魔として恐れられている。成虫になると、群生相は体に対して翅が長くなり、飛翔に適した形態になる。

 長年にわたって、孤独相と群生相はそれぞれ別種のバッタだと考えられてきた。その後1921年、ロシアの昆虫学者ウバロフ卿が、普段は孤独相のバッタが混み合うと群生相に変身することを突き止め、この現象は「相変異」と名付けられた。

 大発生時には、全ての個体が群生相になって害虫化する。そのため群生相になることを阻止できれば、大発生そのものを未然に防ぐことができると考えられた。相変異のメカニズムの解明は、バッタ問題解決の「カギ」を握っているとされ、1世紀にわたって世界的に研究が積み重ねられてきた。バッタに関する論文数は1万報を軽く超え、昆虫の中でも群を抜いて歴史と伝統がある学問分野であり、現在でも新発見があると超トップジャーナルの表紙を飾る。

 ちなみに、バッタとイナゴは相変異を示すか示さないかで区別されている。相変異を示すものがバッタ(Locust)、示さないものがイナゴ(Grasshopper)と呼ばれる。日本ではオンブバッタやショウリョウバッタなどと呼ばれるが、厳密にはイナゴの仲間である。Locusの由来はラテン語の「焼野原」だ。彼らが過ぎ去った後は、緑という緑が全て消えることからきている。

 僕はこれを読んで、はじめて「バッタ」と「イナゴ」の区別のしかたを知りました。
 そうか、そういうことだったのか……
 40年以上も生きてきて、「バッタ」と「イナゴ」という言葉は知っていたにもかかわらず、疑問を抱かずにみんな「バッタ」だと思っていたんですよね。

 研究所のババ所長は、著者にこう語っています。

「ほとんどの研究者はアフリカに来たがらないのにコータローはよく先進国から来たな。毎月たくさんのバッタの論文が発表されてそのリストが送られてくるが、タイトルを見ただけで私はうんざりしてしまう。バッタの筋肉を動かす神経がどうのこうのとか、そんな研究を続けてバッタ問題を解決できるわけがない。誰もバッタ問題を解決しようなんて初めから思ってなんかいやしない。現場と実験室との間には大きな溝があり、求められていることと実際にやられていることには大きな食い違いがある」

 これはまさに「なるべく早く、形になる結果(論文)が求められる、いまの研究の世界の問題点」なんですよね。
 フィールドワークは時間もコストもかかり、論文になるかどうかもわからないことが多いのです。
 それに比べて、研究室内で行われる「バッタの筋肉を動かす神経がどうたら」というようなものは、ある程度、論文になることが計算できる。

 そして、どんなにフィールドワークを頑張っても、論文にできなければ評価されないのが研究の世界なのです。
 「年功序列で、研究の成果よりも学閥や人脈で偉くなれる時代」より、まともといえば、まともになったとも言えるんですけどね。
 時間と手間がかかる、壮大で直接人の役に立つ研究よりも、確実に成果が期待できる研究を志向してしまうのは、現場の人間としては「食べていくため」に仕方がないところもあるのです。

 著者はバイタリティにあふれ、さまざまなアプローチで「食べていくこと」「ポストを獲得すること」と「好きなバッタの研究をすること」を続けています。
 これを読んでいると、いまの研究の世界というのは、自己プロデュース力みたいなものも求められていて、それに地道にデータを集める能力を持っている人というのは、「超人」ではないか、
とも思えてきます。
 「研究を続けるためには、悪事でなければ何でもやる、という覚悟」が、いまの研究者には必要なのかもしれません。

 なんだか真面目なところばかり紹介してしまったような気がしますが、すごく面白くて元気が出る「研究者の生きざま」がつづられている本ですよ。

孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生 (フィールドの生物学)

孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生 (フィールドの生物学)

fujipon.hatenadiary.com
鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  3. 3

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  4. 4

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  5. 5

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  6. 6

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  7. 7

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

  10. 10

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。