記事

特別防衛監察の意義すら疑われる

ここまで様々な情報が出てくると、もはや稲田防衛大臣がいくら否定しても、同氏が2月半ばに事務方から、それまで破棄したと発表されていた南スーダンPKO日報が陸上自衛隊内にあったことの報告を受けていたことは、事実としか言いようがないと思います。

しかも、日報隠しの責任を事務方と自衛隊にだけ負わせて、稲田大臣の関与自体を隠すような特別防衛監察の結果となりそうであることを受けて、自衛隊内部から大きな不満が吹き出てきていることが背景にあることがうかがわれます。

そんな中、稲田大臣自身も特別防衛監察の聴取を受けたということですが、全くの茶番。

稲田大臣が特別防衛監察の聴取を受けたところで、稲田氏は「日報があったという報告は受けていない」との説明を繰り返すだけのことですから、意味がありません。逆に稲田氏の関与を隠すことに手を貸すことにすらなりかねません。

特別防衛監察の意義自体が大きく揺らいでいます。

あわせて読みたい

「稲田朋美」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。