記事

前場の日経平均は反落、円高で売り優勢 好決算銘柄は上昇

[東京 21日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比51円02銭安の2万0093円57銭となり、反落した。前日の米株はまちまちだったが、為替が1ドル111円台後半とやや円高気味となり、主力輸出株は概ね軟調だった。

ただ、好決算予想の安川電機<6506.T>や通期の連結営業利益見通しが4割増と伝えられたキヤノン<7751.T>などに買いが集まり、底固さは保った。

東証33業種中、電気機器など3業種を除く30業種が下落。鉱業の下落率がトップ、鉄鋼、保険がこれに続いた。

欧州中央銀行(ECB)は、20日に行われた理事会で金融政策の現状維持を決定した。ドラギ総裁は会見で金融政策変更に関する討議は秋に行われると示した。市場では「発言に新鮮味はなかったが、マーケットとのコミュニケーションを緊密に行おうとしている点は良い。これを踏まえ、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)も慎重なトーンを打ち出してくると見込まれる」(JPモルガン証券・チーフストラテジストの阪上亮太氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり733銘柄に対し、値下がりが1144銘柄、変わら ずが146銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  9. 9

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  10. 10

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。