記事

ECB理事会後のドラギ総裁発言要旨

[フランクフルト 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は20日の理事会で、超緩和的な政策スタンスも据え置くとともに、見通しが悪化すれば資産買い入れを拡大する道も残した。

金利は予想通り据え置き。リファイナンス金利は0.00%に、限界貸出金利は0.25%に、中銀預金金利はマイナス0.40%にそれぞれ据え置いた。

ドラギ総裁の会見発言要旨は以下の通り。

<資産買い入れプログラムの変更の可能性>

まだそのような時点に至っていないため、われわれは粘り強く、かつ忍耐強く対応する必要がある。

われわれはまた、フォワードガイダンスの変更はないとのメッセージを発すること、将来的な変更について討議する具体的な日程は設定しないことで、全会一致している。つまり、討議は秋に実施されると単に言ったに過ぎない。

<9月にどのような行動を取るか>

われわれは、9月にどのような行動を取るのか協議していない。9月以降に何を行うかについてはなお更だ。日程を設定しないというのが全会一致の意見だ。

われわれは考えるとともに、多くの情報を入手する必要がある。多くの不確実性が存在する。理事会は完全な情報を入手していない状況で、決定を下さなければならない状況は望んでいない。

<秋の量的緩和議論>

秋に議論しようとしている。その時点までに入手可能なあらゆる情報を得る必要があるため、具体的な日程を設定したくなかった。

さまざまな事柄を議論することになるだろう。まずはインフレ軌道が、持続的かつ自律的な形でわれわれの目標に収れんするかを見極める必要がある。

<労働市場に対する賃金増の鈍さ>

結論としては、危機前の関係に最終的に戻るだろうと考えている。

労働市場に注目したが、こうした反応が通常時より遅れる原因はほかにもある。デレバレッジの過程ももう1つの要因だ。

われわれには一貫して自信があり、歩んでいる。自信と慎重さ、忍耐を併せ持っている。

<ギリシャ国債買い入れ>

まずは、第3次(支援)に関する見直し作業を完了させる必要がある。ギリシャ政府が、市場からの資金調達再開を決めた。これは言うまでも無く、同国政府が決めることだ。ただ、市場の信頼感回復には、プログラムの着実な実施と、信頼性が不可欠だ。

市場からの資金調達が、第3次プログラム完了に関わる全般的な戦略の一環として行うべきで、市場復帰は持続的な形で進めることが望ましい。したがって他の事柄について語るのは時期尚早だ。

<われわれは用意を整えている>

見通しが悪化した場合、また、金融情勢がインフレの道筋の持続可能な調整に向けた一段の進展に整合しなくなった場合、われわれは資産買い入れプログラムを規模、期間の面で拡大させる用意がある。

<見通し改善>

われわれの評価について、シントラやタリンで述べたことと、質疑応答と冒頭発言の内容はさほど異なるものでない。

いずれも、ユーロ圏の成長見通し改善が疑いのないものだと基本的に評価している。

<安定的な経済拡張>

ユーロ圏経済の拡張が引き続き力強くなっていることが、入手される情報で確認されている。こうした拡張はセクター、地域にわたり拡大している。

成長見通しに対するリスクは広範に均衡している。

<堅調な回復>

ようやく底堅い回復を実感しつつあり、賃金や物価がわれわれの目標に向かうのを待つだけだ。理事会が現在、最も好ましくないと考える事態は、金融環境が望まない形で引き締まり、このプロセスを減速させたり、脅かす可能性が生じたりすることだ。

<構造改革鈍く>

経済成長見通しは引き続き、構造改革の鈍い実行ペースで押し下げられている。ユーロ圏の成長見通しを巡るリスクは、おおむね均衡している。一方で、現在の前向きな循環的な勢いにより、景気が予想以上に底堅く上向く可能性も高まる。他方、主に世界的要因に関連した下向きリスクはなお存在する。

<為替相場>

為替相場のリプライシングは、さまざまな取引で多様な形で一定の注目を集めた。

<インフレ目標への収れんプロセスに政策が寄与>

インフレ率を中期的に2%近辺だが下回る水準に持続的な形で収れんさせるのに必要な、非常に支援的な金融環境を、われわれの金融政策は確保し続けてきた。

<総合インフレ率>

総合インフレ率は今後数カ月間、現行水準付近で推移し続ける公算が大きい。

<成長リスク>

成長見通しに対するリスクはおおむね均衡している。

<インフレのダイナミクスなお力強さ欠く>

継続的な景気拡大により、インフレ率が緩やかに目標に向かって上昇していくとの自信を深めているが、インフレのダイナミクスが力強さを増している兆候はまだ出ていない。

<基調インフレ>

総合インフレ率はエネルギー価格の値下がりにより押し下げられている。加えて、基調インフレに関する指標はおおむね、抑制された水準に依然とどまっている。

*内容を追加して再送します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    好きな人と結婚するだけなのに…日本人が「小室さんバッシング」に熱狂する根本原因

    PRESIDENT Online

    10月26日 11:22

  2. 2

    日本の本当の財政事情を知らない? 財政均衡にこだわるリベラル勢力

    マガジン9

    10月27日 14:23

  3. 3

    パックンにみる小室圭騒動のワイドショーコメンテーターの忖度

    メディアゴン

    10月27日 10:33

  4. 4

    台湾危機に巻き込まれざるを得ない日本 対習近平戦略から考える日本の安全保障政策

    宇佐美典也

    10月27日 12:00

  5. 5

    「女性候補が少ないのは女性のせいなのか」日本で女性議員が増えない本当の理由

    PRESIDENT Online

    10月27日 15:15

  6. 6

    作家・羽田圭介が「貯金なんかせず好きなことに使え」と言い切る理由

    PRESIDENT Online

    10月27日 14:21

  7. 7

    維新大躍進の予想 背景には庶民感覚を失った公明と共産の存在

    田中龍作

    10月27日 10:28

  8. 8

    菅直人氏の発言「民主党政権の時代に高校無償化まで実現。現在も無償化」は“不正確”

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    10月27日 16:19

  9. 9

    どうなる衆院選!?前代未聞のコロナ禍で100年に1度の選挙となるか

    毒蝮三太夫

    10月27日 09:04

  10. 10

    入試改革はなぜ失敗?「誰でも語れる」から迷走する教育政策の厄介さ

    物江 潤

    10月27日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。