記事

反プーチンデモ、プーチン再選を妨げるのは難しい - 岡崎研究所

 6月14日付のニューヨーク・タイムズ紙は、6月12日のロシア諸都市での抗議活動がプーチン政権の腐敗という痛いところをついている、と社説で述べています。社説の要旨は、次の通りです。アレクセイ・ナヴァルヌイ(今回の反腐敗抗議を呼びかけ、再度逮捕された)が来年3月の大統領選挙でプーチンを敗北させることはない。プーチンは権力を掌握しており、引き続き人気があり、ロシアのテレビも支配している。それならなぜこれらのデモが世界中の関心を引いているのか。

 一つの理由は、プーチンは全権を掌握しているのに、ロシア人を沈黙させられないことを、これらのデモは示しているからである。ロシア人の大多数はプーチンがもたらした安定を評価し、ロシアの問題は悪い西側が作ったとのプーチンの主張を受け入れているが、ナヴァルヌイなどはインターネットやソーシャル・メディアを動員し、主要な都市で反対派を維持するのに成功している。モスクワでデモしたのは数千人だが、多くは若者で逮捕も覚悟で参加した。逮捕者はモスクワで700人以上、サンクトペテルブルクで300人出ている。

 ナヴァルヌイは動員に長けている。彼は民族主義的との批判も受けているが、支配エリートの腐敗への抗議をブログで呼びかけている。ロシアの支配層の富は、経済状態が悪くなる中、人々の感情を害している。ナヴァルヌイは、メドヴェージェフ首相の豪邸、ヨット、ブドウ園等を暴露した。メドヴェージェフの所有地にアヒル小屋があったので、デモ隊はおもちゃのアヒルを持ち出した。

 ナヴァルヌイは、プーチンが「政治的安定、国家の強化」を祝うだろう国民の祝日「ロシアの日」に抗議デモを呼びかけた。デモの場所を最後の瞬間にモスクワの中心のトベルスカヤ通り(ロシアの歴史的出来事の再現のために交通が遮断されていた)に移した。この「プーチンなきロシア」を叫びながらロシアの国旗を持った抗議者に対し、警官隊が弾圧を加えた。ナヴァルヌイ自身は自宅で逮捕され、30日間拘禁の判決を受けた。

 国営テレビはこの抗議を無視し、プーチンが「ロシアの日」の授賞式典に出たことを報じた。しかし抗議がなかった振りは続けられない。これらの抗議はプーチンの統治の弱点(広範な腐敗と説明責任の欠如)を突いている。それはロシアのどこでもロシア人になじみ深いものであり、プーチンが簡単に敵対的な西側の策謀と片付けられないものである。

 6月12日、ロシアで行われた反プーチン・反腐敗デモは、ほんの小規模なものも数えたものでしょうが、140以上の都市で行われたと言われています。3月の反プーチンデモは80都市で行われたとされていました。参加人数がどうであったかわかりませんが、地理的には広がってきています。

 ナヴァルヌイ(弁護士、ブロガー)が呼びかけたものですが、彼の動員力は大したものです。その背景には国民の政権に対する不満があります。ロシア第3の都市、ノボシビルスクでは公共料金値上げ反対デモがありましたし、トラック運転手は通行料の値上げに反対して、モスクワに押し寄せましたし、タタルスタンでは銀行経営の失敗で預金が引き出せないということでデモが起きました。モスクワではソ連時代のアパート取り壊しで130万人が移転を余儀なくされようとしており、反対デモが起きています。ただ、この場合はソビャーニン市長への反対で、プーチン反対ではありません。ロシアがプーチンのもとで良く治まっているとのイメージは正確なイメージではありません。特にナヴァルヌイが腐敗を政権批判の中心に置いたのが有効であるように思われます。

 ただこのナヴァルヌイの主導する反プーチンの動きが来年3月に予定されている大統領選挙でのプーチン苦戦につながるかと言うと、この社説も指摘するようにそういうことはないと判断されます。ナヴァルヌイは2018年の大統領選挙に立候補し、プーチンに挑戦しようとしていますが、過去の犯罪(公金横領罪)のゆえに大統領選挙に出馬できないとされています。ナヴァルヌイはでっち上げであると言っていますが、同人が大統領選に出るにはまだ越えなければならない障害があります。そのうえ、ナヴァルヌイは腐敗追及ではよくやっていますが、ロシア民族主義的主張もしており、リベラル層の一致した支持を受けているわけではありません。仮に立候補が認められても、プーチンにとっては戦いやすい相手になるのではないでしょうか。

 今のロシア議会では、プーチンの与党、統一ロシアが4分の3以上の議席を持ち、共産党が42議席、極右の自民党が39議席、公正ロシアが23議席、無所属3議席で、プーチン反対勢力はほぼ存在しません。ヤブリンスキーの「ヤブロコ」がプーチンの政策に対抗する綱領を持っていますが、政治的には無力化されており、プーチン反対のネムツォフは殺害されてしまいました。

 おそらくプーチンが来年大統領に再選するのは確実でしょう。しかし、国民の不満は経済状況の悪化とともに深まっていくと考えられます。2024年までのプーチン第4期が順調なものになるかはわかりません。

 プーチン政権は簡単に言うとkleptocracyです。習近平は腐敗撲滅をしないと共産党政権は持たないと考え、汚職追放を重視していますが、プーチン政権は利権分配の上に成り立っています。これがどこまで続くか、興味深い問題です。

あわせて読みたい

「ウラジーミル・プーチン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  7. 7

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。