記事

NZで英作曲家ホルストの自筆譜発見、主要作品の手稿も

[ウェリントン 19日 ロイター] - ニュージーランドのアマチュア楽団が書庫を整理した際に見つかった2点の手書きの楽譜が、管弦楽組曲「惑星」で知られる英国の作曲家グスターブ・ホルストの直筆であると確認された。

1906年に書かれたもので、英国のホルスト・アーカイブが先月、信頼できる署名付きの手稿であることを確認した。

楽譜は100年以上行方不明になっていたもので、楽団は今回の発表を受けて楽譜の移動経路の追跡に入っている。

楽団員の1人によると、2点のうち1点には「サマセット民謡」とあり、発表された「サマセット狂詩曲」の原型とみられる。もう1点は作品として発表された「2つの無言歌」で、現在もしばしば演奏される。

楽団長は、数年前の書庫整理でこの楽譜は危うく捨てられるところだったと述べた。楽団は、当面は楽譜を保管するが、最終的には英国に返還するとしている。 

*見出しの表現を修正して再送しました

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  9. 9

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  10. 10

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。