記事

仏軍トップが辞任、国防予算削減巡り大統領と衝突

[パリ 19日 ロイター] - フランスのマクロン大統領と国防予算の削減を巡って対立していた軍の制服組トップ、ドビリエ統合参謀総長が19日、辞任した。

ドビリエ氏は声明で、予算の制約が厳しい中で効果的な防衛力の維持に努めてきたが、これ以上は維持できないとし、「現在の環境下では、フランスやフランス国民の保護に必要な防衛力をもはや保証できない」と表明した。

マクロン大統領は同氏の辞任を受けて直ちに後任にルコワントル将軍を指名した。

ドビリエ氏とマクロン大統領の対立は先週表面化した。同氏はマクロン大統領が打ち出した8億5000万ユーロ(9億8000万ドル)の国防予算カットを強く批判。大統領は「私が上司だ」と応酬していた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧下さい)

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「天皇謝罪で慰安婦解決」は大嘘

    MAG2 NEWS

  2. 2

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  3. 3

    夕刊フジ「韓国一面祭り」のワケ

    文春オンライン

  4. 4

    反日姿勢に米の韓国離れが加速か

    MAG2 NEWS

  5. 5

    日本=悪者 韓国のフェイク教育

    NEWSポストセブン

  6. 6

    コメ生産で日本の技術求める中国

    WEDGE Infinity

  7. 7

    ハイチュウ 米国大ヒットの軌跡

    PRESIDENT Online

  8. 8

    10連休で支障ない行政は給与泥棒

    川北英隆

  9. 9

    橋下氏 五輪相カンペ謝罪に指摘

    橋下徹

  10. 10

    韓国の親日美人議員を北が罵倒

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。