記事

「松居一代劇場」はスキャンダルジャーナリズムに予想外の影響を及ぼすかもしれない

1/2

夫・船越英一郎さんへの復讐劇とも言うべき女優・松居一代さんのブログや動画を使っての一連の暴露騒動、いわゆる「松居一代劇場」がピークに達しつつある。動画にバックに音楽を入れるなど劇場の演出自体は高度化しているのだが、一方で第三者の手紙を差出人の実名も含めて公開してしまうといったやり方に、度を超えていると反発する声が増えている。

さらに彼女が動画で非難していた『週刊文春』『女性セブン』などの週刊誌も、7月13日発売号で「松居一代『虚飾の女王』」(週刊文春7月20日号)「松居一代がひた隠す『7つの嘘』」(女性セブン7月27日号)などと、松居批判を鮮明に打ち出している。今後は松居さんに逆風が強まっていくのだと思う。

ただ、この騒動、少し視点を変えてみると、スキャンダルジャーナリズムに結構大きな波紋を投げた気がしないでもない。これまで週刊誌、スポーツ紙、ワイドショーによって形成されてきた芸能マスコミが今後考えるべき問題点を提示したような気がするのだ。

「松居一代劇場」について簡単にたどっておこう。というのも、松居さんのブログや動画など専らネットを見てこの騒動に入っていった人たちと、週刊誌やスポーツ紙など既存メディアから入っていった人の間で、意識のズレがあるような気がするからだ。

松居さんがブログで船越さん断罪を始めるのは6月27日から、動画を使い始めたのは7月4日からで、それをスポーツ紙やワイドショーが取り上げることで騒動に火が付いた。

そもそもの発端は4月に松居さんが自殺を図るため、別居していた夫の船越さんの家に入ったところ、2冊のノートを発見したのがきっかけだった。松居さんが後に「恐怖のノート」と呼ぶそれを読んで、彼女は「死んでる場合じゃない」と思ったという。夫が不倫をし、相手女性と一緒に松居さんの財産を奪い取ろうとしていることがわかったというのだ。

そこで松居さんは5月に『週刊文春』編集長に手紙を書いて夫の不倫のネタを持ち込んだ。そして記者とともに不倫相手とにらんだ知人女性がいるハワイに渡って取材を敢行。しかし、確証は得られなかった。      

『週刊文春』は船越さん側にも取材して、結局7月6日発売の7月13日号に「船越英一郎が松居一代に離婚調停全真相」という記事を掲載。同日発売の『女性セブン』7月20日号も「松居一代へ船越英一郎が突きつけた離婚調停申立書」と、両誌が6月28日に船越さんによって離婚調停申立がなされた事実を報じたのだった。離婚申し立ての理由が松居さんによるDVだという説明もなされていた。

松居さんも夫の動きを知っており、それに対抗して不倫疑惑を告発しようとしたのに、いわば週刊誌に意に反した記事を出されたというわけだ。松居さんは、『週刊文春』校了日の4日、事前に内容を教えるという約束がなされていたとして編集部にアプローチしたのだが、それを拒否され、「『週刊文春』は私をだました」と動画で激しく非難したのだった。

あわせて読みたい

「松居一代と船越英一郎の離婚騒動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    インフル診断書要求に医師が警告

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    照射問題で自民の国防部会が紛糾

    佐藤正久

  3. 3

    小室さん説明に弁護士として納得

    青山まさゆき

  4. 4

    店は閑散 炎上ティラミスを直撃

    キャリコネニュース

  5. 5

    「子連れで式典出席はNG」に反論

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    橋下氏 韓国の反論潰す証拠示せ

    PRESIDENT Online

  7. 7

    国民党の大勝負 小沢氏が復活か

    早川忠孝

  8. 8

    SUBARU 16日夜から国内生産停止

    ロイター

  9. 9

    照射新証拠は韓国への武士の情け

    AbemaTIMES

  10. 10

    竹中平蔵批判で退学勧告は理不尽

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。