記事

「業務の標準化」「会議のルール化」――長時間労働の改善で、重要だと思っていても実施できていない施策が判明

労働時間を削減するために本当に重要な対策と、実際に取り組まれている対策にはズレがあるようだ。企業にストレスチェックなどを提供するアドバンテッジリスクマネジメントが長時間労働についての調査結果を7月19日に発表した。

最も多く実施されているのは「労働時間の集計/長時間労働が多い部署への勧告」

長時間労働改善のために実施している対策
長時間労働改善のために実施している対策

調査は6月15日~21日にインターネット上で実施された。対象になったのは同社のメールマガジン会員で、経営者や人事・労務担当者が含まれているという。

長時間労働を改善するために重要だと思う対策を聞いたところ、「業務の標準化(手順の見える化)」が78.4%で最も多かった。次に多かったのは、「会議のルール化(時間制限、参加者の明確化、情報共有方法など)」(69.0%)だった。「有給取得の推進」(68.8%)を挙げた人も多かった。

長時間労働を改善するために実施している対策として最も多かったのは「労働時間の集計/長時間労働が多い部署への勧告」で71.1%だった。「長時間労働者(本人)への警告」(57.4%)と「残業時間の事前申請制度」(55.8%)がそれに続いた。

残念ながら、多くの人が重要だと思っている対策と、実際に実施されている対策にはズレがあることがわかる。両者の開きが最も大きいのは「残業時間の削減を評価する人事制度」だった。人事制度の見直しには手間が掛かるため、中々着手できないということだろうか。

「業務の標準化」や「会議のルール化」「有給取得の推進」は "実際に実施"がそれぞれ25.6%、19.3%、54.1%で、いずれも"重要だと思う"割合を下回っている。必要な対策が中々導入されない現状が伺える。

2割超の人が「労働時間の短縮でメンタルの不調による求職者数が減った」と回答

メンタルの不調による求職者数
メンタルの不調による求職者数

それでも長時間労働は少しずつ改善しつつあるようだ。1年前と比較して「改善した」と回答した人の割合は、従業員が500人以上の企業で69.3%、500人未満の企業で58.9%に上った。ただ回答者には経営者や人事・労務担当者などが多く含まれているため、現場の従業員の感じ方とは異なっている可能性も否めない。

長時間労働の状況が「改善した」と回答した人のうち、メンタルの不調による求職者数が少なくなったと回答した人は24.5%だった。労働時間削減がメンタルヘルスの改善に一定の効果を上げているようだ。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  3. 3

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  4. 4

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  5. 5

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  6. 6

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  7. 7

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

  8. 8

    ひろゆき「バカほど『自分にごほうび』といってムダにお金を使う」

    PRESIDENT Online

    08月05日 15:33

  9. 9

    入院制限の前にやることがあるでしょう

    鈴木しんじ

    08月05日 14:09

  10. 10

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。