記事

誰が「まとめサイト」を拡大させたのか?

1/2

(ネットワーカー・古雑誌蒐集家・周辺文化研究家 ばるぼら、ライター・評論家・マンガ原作者 さやわか)

根拠の怪しい情報のコピペだけで記事を濫造する「まとめサイト」。記事登用でDeNAの「WELQ」などは閉鎖に追い込まれたが、いまだにネットには倫理を欠いた記事があふれている。これが待ち望まれた「キュレーションの時代」なのだろうか。日本のインターネット言説に詳しい2人が、その「歴史」を解き明かす――。

※以下は、ばるぼら、さやわか『僕たちのインターネット史』(亜紀書房)からの抜粋です。

■ニコニコ動画にイデオロギーはあるか

【ばるぼら】大山卓也さんの『ナタリーってこうなってたのか』(双葉社)という本は、タイトルからは一見して「ナタリーの経営はどうなっているのか」という経済書に見えるけれど、実際はネットメディア論として書かれていますよね。

【さやわか】この本の中で僕が面白く感じたのは「ナタリーは批評しない」っていうところです。批評とは一種の価値判断です。つまり、ナタリーは価値判断には踏み込まずに、あくまでもニュースとしてフラットに情報を流すんだと言ってみせるんですよね。

画像を見る
ばるぼら、さやわか『僕たちのインターネット史』(亜紀書房)

実は、このあいだ川上量生さんに会った時も同じようなことを言っていて、「ニコニコ動画はあくまでプラットフォームなので、その中のコンテンツがよいかどうかという価値判断はしないんだ」と語っていました。いまは削除されましたけど、ニコニコ動画の公式動画になぜ人種差別を助長するような団体のチャンネルがあるのか、という批判に応えての発言です。

そこからわかるのは、日本のインターネットのプラットフォームには、80年代編と90年代編で話題になったようなカリフォルニアン・イデオロギーのような思想が介在していないということです。ニコ動のシステムは無料閲覧と有料プレミアムの組み合わせで、それこそフリーミアム的な手法を取っていますけれど、本来、「フリー」とか「シェア」という言葉の中にもある種の価値判断やイデオロギーが含まれていたわけじゃないですか。少なくともレッシグの『FREE CULTURE』(邦訳・翔泳社)にはそういう含意がある。ところがニコ動的なフリーというのは、商業的なインターネットにおける自由さみたいなものです。これは人種差別うんぬんの例からもわかるように、下手したら暴走しがちな危ないものだと思うんですけど、いまはそれがインターネットの公正さだと思われてしまっています。NHK出版がクリス・アンダーソンの『フリー』やレイチェル・ボッツマンの『シェア』の翻訳を同じカバーデザインで相次いで出しましたが、あれらの本も、非常に商業主義的なイメージだけを強調して売っている。

【ばるぼら】どんな言説でも流すのが言論の自由であり、市場の自由なんだってことですよね。海外だと音楽ニュースサイトの「Pitchfork」なんかは取り上げるアルバムに対して星を必ず付ける、つまり価値判断を思いっきりしている。むしろ肯定否定に拘わらず価値判断を積極的にするというのが海外のネットジャーナリズムの基本姿勢だと思います。日本とはだいぶ落差があります。こういうフラット感は日本特有の現象なんじゃないかなという気がしています。

【さやわか】どうも日本では、「とりあえずすべてのものがあるのがいいんだ、ポストモダンなんだ」という風になったら、何がよいかという価値判断はしなくていいんだという誤解に落ち着きがちなんですよね。価値が相対化したにも拘わらず、何を選択するかが問われているから混迷しているのに。

【ばるぼら】Pitchforkは星付けをした上でながーい批評文を書いてくるんですよ。「70年代の100枚」「80年代の100枚」「90年代の100枚」みたいな特集もどんどん組んで、自分たちはこういうものを評価しているって価値観をバンと打ち出してくる。でも「ナタリーが選ぶ90年代の100枚」なんて絶対やらないと思うんですよ。

■批評の代わりが「統計」しかない

【さやわか】そもそも読者がそれを望まないんじゃないかな? たとえばコミックナタリーの編集長だった唐木さんはわりと価値判断をしたい派の人なので、コミックナタリーで「コミックナタリー大賞」とかもやっていました。でもあまり活発ではないですよね。しかもあれはナタリーが自分たちで価値判断したものではなくて、あくまで編集者にアンケートを取った結果なので、批評というわけでもありません。結局『このマンガがすごい!』(宝島社)とか「本屋大賞」みたいなものですからね。やっぱり商業性が優位というか、いまは数の勝利の時代ですよね。

【ばるぼら】批評の代わりになるものが統計しかないんですかね。『統計学が最強の学問である』(ダイヤモンド社)なんて本もありましたが。みんながリンクを張ってるサイトはきっとよいサイトだっていうGoogleの論理と同じような価値判断が、いろんな規模で行なわれている。

【さやわか】ナタリーがみんなに支持されるメディアになったのは、やっぱりナタリーが人を動員してるからだと思うんです。ナタリー自身では価値判断をしないというやり方によってワーッと人が集まるようになりました。それで「人が集まってるからナタリーがすごい」みたいな妙な循環になっている。

【ばるぼら】また『動員の革命』的な話になっちゃった!

【さやわか】2011年に佐々木俊尚さんが『キュレーションの時代』(ちくま新書)という本を出しました。でも、ここで佐々木さんの言う「キュレーション」もエディターシップに基づいて情報の価値判断をきちんするという話ではないんですよね。

たしかにいまのインターネット社会は情報が過多になっているから、情報の取捨選択が重要になってきます。『キュレーションの時代』もそういう問題意識で書かれていますが、そこで提示されるキュレーションというのは「SNSでできた人と人のつながりによって情報が自ずと取捨選択される。これからは誰もが自分で情報をフィルタリングする時代になるんだ」というものです。つまりここでは、TwitterやFacebookのタイムラインがキュレーションだということになるわけですよね。煎じ詰めれば「バズってるネタはタイムラインに流れてくる。バイラルメディアがこれからくるよ」というだけのことです。

あわせて読みたい

「キュレーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  4. 4

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  6. 6

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  7. 7

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    五輪特需失ったホテル業界に危機

    ロイター

  10. 10

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。