記事

米輸入物価、6月は2カ月連続のマイナス

[ワシントン 18日 ロイター] - 米労働省が18日発表した6月の輸入物価指数は前月比0.2%下落し、2カ月連続のマイナスとなった。石油製品が一段と値を下げ、物価圧力がしばらく弱含む可能性を示唆した。市場予想も0.2%下落だった。

5月の数字は当初発表の0.3%下落から0.1%下落へ上方改定された。

6月の前年同月比は1.5%上昇し、2016年11月以来の小幅なプラスとなった。5月は2.3%上昇していた。5年ぶりの大幅な伸びとなった2月(4.7%上昇)以来、急速に勢いがなくなっている。

6月の前月比の内訳は、石油製品が2.2%下落。5月は1.2%下落していた。石油製品は2月に0.8%上昇して以来、値上がりしていない。

石油を除く輸入物価は0.1%上昇した。5月は横ばいだった。6月の前年同月比は1.4%上昇した。

資本財は前月比0.2%上昇し、14年5月以来の大幅な伸びだった。食品は0.9%上昇。一方、自動車は0.2%下落した。

同時に発表された6月の輸出物価は0.2%下落。野菜や大豆、果物の値下がりで農産物の輸出物価が下がった。5月の輸出物価は0.5%下落していた。

6月の前年同月比は0.6%上昇にとどまった。16年12月に上昇し始めて以来の小幅な伸びだった。大豆や果物、トウモロコシの値下がりが影響した。5月の前年同月比は1.5%上昇だった。

原油安が国内外の物価圧力を大幅に押し下げている。そのほか、携帯電話サービスの値下がりなどの要因も合わさって、インフレ率は米連邦準備理事会(FRB)が目標とする2%を下回っている。イエレンFRB議長は前週の議会証言で、最近の物価の弱含みは「特定の項目における例外的な値下がり」が一因であるとの見方を示し、こうした要因はいずれ物価指標からはげ落ちると述べた。

物価の弱含みが続けばFRBが今年3度目となる利上げを決める時期に影響するだろう。ほとんどのエコノミストが12月になるとみている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  3. 3

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  4. 4

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  5. 5

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  7. 7

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  8. 8

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  9. 9

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。