記事

【赤木智弘の眼光紙背】やらせやらせと言うけれど

 先月から、話題になっている、九州電力の「やらせメール」問題。

 問題は今だ収束を見せないまま、あちこちに飛び火し「あれもやらせだったのではないか」「こっちの電力会社でもやらせがあったのではないか」と大騒ぎである。中には原子力保安院による電力会社への動員や、質問を作成して渡していたなどという話もあったようである。

 確かにそのことが、社員に対する強制であったのなら問題である。それは単純に意見や質問の強要と言うだけではなく、休日出席の強要などがあれば、それは労働法あたりで厳しく罰せられるべきだろう。

 しかし、シンポジウムなどに動員された電力会社や、その関連会社の社員たちは、無理やり原発推進の片棒を担がさせられたのだろうか?

 自分がもし電力会社やその関連会社の社員であったならば、当然、原発推進を望むだろう。なぜならそれによって自らの給料も上がるし、雇用も安定する。そうした「利己心」の帰結として、会社から強制されなくとも、原発推進のために動こうとすることは、決して不思議なことではない。

 そうした、電力関連会社の社員も、また「ひとりの生活者」であるという現実を無視して、彼らが動員されたということのみを指して「やらせだ!」と非難し、彼らの原発を推進したいという意志を、一方的に否定してしまって、本当にいいのだろうか?


 そうしたことを考えながら頭に浮かんできたのが、中国の「パクリ」問題である。

 先日テレビを見ていたら「中国でまたしても!」といった前置きで、ある家具屋が映されていた。店内はどこかしら安っぽさはあるものの、広々とした青と黄色のカラーリングは、なるほどあのIKEAを思わせるものであった。(*1)

 レポートではこれを「IKEAのパクリ」として報じていて、IKEAのパクリである証拠として、IKEAで販売されている、関節が動く人形が、この家具店でも売られていると報じていた。

 しかしこの人形は「デッサン人形」や「ポーズ人形」と呼ばれるもので、日本でもホームセンターや画材屋で簡単に手に入る、極めて一般的なアイテムである。また、この家具屋はちゃんと自社名を名乗っており、その前に報じられた「偽アップルストア」とは、根本的に異なっており、同列に並べて報じることはできないのではないだろうか。

 確かに、コンセプト等はIKEAをなぞっている側面はあるが、店舗イメージそのものが意匠として保護されるものかどうかの十分な解説もないままに、一方的にこの家具店をパクリと呼んではばからない報道の姿勢に対し、私は疑問を感じずにはいられなかった。

 その一方で、「ピカチュウに似ている」として話題の、山口県宇部市のキャラクター「エコハちゃん」の着ぐるみについては、中国の家具屋に向けられた「パクリ」「偽物」「真似」といったような強い表現はなく、「酷似」「似ている」という柔らかい表現を使って報じられており、宇部市に対する配慮が感じられる。(*2)


 電力関連会社のやらせ問題と、中国のパクリに対する報道の問題。この2つに一致するのは、これらが報じられたり問われるときに、まず最初に「これはやらせである」「これはパクリである」という強い表現が前提として存在する点である。

 こうした文脈においては、様々な細かな問題は消え失せ、「あいつは悪である」という一方的な断罪がなされてしまう。

 そして、私たちの頭の中で、電力関連会社の社員は被災者や国民を嘲笑い貶める悪魔に変貌してしまう。彼らもまた一介の生活者であるという事実を忘れ去ってしまう。

 世の中はそのように即断できるほど単純ではない。動員に加担した人たちにもまた、それに与した理由があるはずである。彼らの事情を考慮せず、ただ鬼か悪魔のように糾弾すれば、彼らはさらにかたくなに、自分たちの仕事を守るしかなくなってしまう。

 宇部市のエコハちゃんに対して配慮ができるのであれば、やらせという表現にも、もう少し配慮を加えるべきではないだろうか。

 最近、ネット上で個人がまとめたニュースを見ていると、書かれているヘッドラインと、実際の記事の内容が全く違っていることが少なくない。

 できるだけショッキングなヘッドラインを書いて、サイトへの来訪者を増やすのが目的なのだろうが、「やらせ」や「パクリ」といった、配慮なき強い言葉の氾濫は、マスメディアのヘッドラインが、個人サイトのレベルに向かって低下し続けていることを示す一例だと思うのは、私だけだろうか。

*1:中国「偽IKEA」 コンセプトを丸ごとコピー(MSN産経フォト)http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2011/08/0803fakeIKEA/
*2:山口のキャラ、ピカチュウに酷似 宇部市の「エコハちゃん」(47NEWS)http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011080301000316.html

赤木智弘(あかぎ・ともひろ)

1975年生まれ。自身のウェブサイト「深夜のシマネコ」や週刊誌等で、フリーター・ニート政策を始めとする社会問題に関して積極的な発言を行っている。著書に「若者を見殺しにする国 (朝日文庫)」など。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

  2. 2

    やる気ない安倍政権に怒る尾身氏

    メディアゴン

  3. 3

    東京コロナ警戒レベル「最大」に

    ロイター

  4. 4

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    中国の弾圧を見逃す感覚は捨てよ

    倉本圭造

  6. 6

    合宿所でSEX 韓国アイドルの暴露

    文春オンライン

  7. 7

    GoToの旅行に税金使われる違和感

    中川 淳一郎

  8. 8

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  9. 9

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  10. 10

    浅田真央 彼氏がいた過去を告白

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。