記事

変形性股関節症について(1)

 私は、7月7日に右の股関節を人工関節に替える手術を受けました。2年前の2015年4月2日に左股関節も同じ処置をしましたので、今は左右両方ともチタン合金の人工関節となりました。これは、分かりやすく言えば、義肢・義足が体内に入っている状態です。

そのため、数年前までは、この手術を受けると自動的に身体障害者の認定を受けていました。しかし、今では医療技術も人工関節の性能も飛躍的に向上しましたので、身体障害者手帳が自動的に交付されることはなくなりました。実際に、左股関節は手術後、今日まで問題なく機能しており、日常生活でも人工関節だということを意識しないくらいです。

 右股関節のほうは、いま入院して治療、リハビリに専念していますが、一般的には手術して3ヶ月後には「杖なしの」日常生活に復帰できます。2年前の左股関節手術のときは東京都知事でしたので、退院するとすぐに公務で、公式セレモニーなども多く、杖を使わない・使えない日々が続きましたが、その分、慎重に身体を動かし、また週に一度はリハビリの病院に通い、筋トレに励みました。

 人間の筋肉は何歳になっても鍛えることが可能で、左脚の筋肉は手術前に比べて20〜30%は増えました。右脚も同時に筋肉強化をしていたおかげで、今回の右股関節手術後の回復が早くなっているような気がします。

何歳になっても、ウオーキング、ラジオ体操のような簡単な運動をすることが心身の健康を維持するためには役に立ちます。私は、自転車にもよく乗ります。これもまた筋肉強化、そして気分転換になります。

 手術後、医者から自転車に乗る許可が出たときは、心が弾みました。タイヤに空気を入れたりして、チューナップして、颯爽とサイクリングに出かけたものです。長い間、痛みに耐えてきていましたので、もっと早く人工関節に取り替えておけばよかったと思ったものです。

 しかし、この手術に踏み切るまでには、様々な紆余曲折、心の葛藤などがありました。それを綴っていきたいと思います。

あわせて読みたい

「舛添要一」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  2. 2

    倉持由香 給付金100万円受け取り

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    AppleMusic停止 異例の抗議行動

    跡部 徹

  4. 4

    都の方針に歌舞伎町経営者が怒り

    BLOGOS編集部

  5. 5

    きゃりー父「投稿に責任を持て」

    文春オンライン

  6. 6

    神の業? コロナ直面のイスラム教

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナで着目すべき「血液凝固」

    大隅典子

  8. 8

    ユニクロ参入でマスクバブル終焉

    NEWSポストセブン

  9. 9

    アパレル倒産 コロナ前から兆候

    南充浩

  10. 10

    暗号資産に麻生節「名称が悪い」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。