記事

ヒアリの毒対処法について環境省自然環境局からの説明です

ヒアリの毒対処法について環境省自然環境局からの説明です
 
・ヒアリにより生じうる健康への影響には2つの経路があるとされています。一つはアルカロイド毒による直接的な症状であり、刺されたまさに瞬間に痛いと感じたり、じんましん等の症状を引き起こしたりするものです。他方はアルカロイド毒以外の成分に対してのアレルギー症状です。一般的には食物に対してのアレルギーなどと同じように、体内での免疫反応を介してからの症状になりますので、10-30分以内程度で発症します。重症な場合はアナフィラキシーを引き起こす可能性も否定できません。
 
・致死率のデータは専門書でも確認できていませんが、かなり低いと思われます。死亡事例の殆どは、直接的な毒の影響ではなく、アレルギー性症状が重症化したものによるものです。この場合は、適切な治療を早く受ける必要がありますが、治療法は一般的アナフィラキシーの治療に準じます。(台湾でも、侵入以来10数年経ち、同国内ではかなり広く分布していますが、死者の記録はありません。)
 
・ヒアリの毒に対するワクチンはありません(ワクチンは、通常、病原体等による感染症に対し、あらかじめ抗体を作っておくことで効果を発揮するものです。ヒアリの毒に対するものは作られていません)。
 
・刺された場合の対処法は資料「ストップ・ザ・ヒアリ」(https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/r_fireant.pdf)をご参照ください。

・なお、ヒアリの毒性については厚生労働省の文書(別紙)が詳しいので、併せてご参照ください。

あわせて読みたい

「ヒアリ・アカカミアリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  4. 4

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  5. 5

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    障害者マークのデザイン招く誤解

    古谷経衡

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。