記事

イスラム国(IS)からモスル解放

イスラム国(IS)を壊滅に追い込むため、いくつかの国が共同で闘いを進めていますが、住民を人間の盾にしたりして、難航していました。

イラクのアバディ首相は、10日夜(日本時間11日未明)、過激派組織「イスラム国」(IS)の最大拠点だった北部モスルの奪還作戦の完全勝利を宣言しました。

アバディ首相は、「我々には安定と再建、残党を駆逐する任務が残っている」と国民に団結を呼び掛けた、と報じられていました。

しかし、前線司令本部のイラク軍大尉は、11日、「ISの残党は旧市街の一部に立て籠っており、戦闘は続いている」と述べています。

フランスなどは戦闘の勝利を讃えていますが、アメリカはトランプ大統領が自分のおかげで奪還できたと自画自賛しているようですが、アメリカとしての正式な表明は、まだないようです。

ISは、農業や鉱工業も行い、安定した収入が入るようにし、戦闘員に給与や手当を支払っていました。

モスル奪還によって、収入源は減少させられたということですが、ISは今もシリア東部の油田の6割を掌握していて、イラクやシリアで戦闘を継続する余裕はまだ十分にあるとみられています。

解放されたモスルは、長期にわたる戦闘で、町は破壊されています。

インフラ再建、宗派や民族を分断された国民の和解など、復興への道のりは険しい、と伝えられています。

また、これから、ISを追い込む作戦は、ISが首都としてきたシリア北部ラッカに移る、とのこと。

モスルの開放によって、ISの求心力が低下して、ラッカの奪還に弾みがつきそう、とのこと。

しかし、シリア内線に関与する多くのステークホルダーの思惑が複雑にからんでいて、ISからの解放後等について容易に合意できる状況では、ありません。

また、「国家」の運営に失敗したISは、過激思想とテロを世界の各地に拡散し、次々に事件が起きています。

フィリピン南部ミンダナオ島では、ISに忠誠を誓う武装集団と国軍の先頭が続いています。

ロシアと中央アジアからは、数千人がISに参加したとみられ、そのIS戦闘員が中東から帰郷して、勢力を拡大する懸念があります。

アフガニスタンでも、IS系勢力の活動が活発化しているとのこと。

ヨーロッパでも、インターネットで過激思想に染まった人によるテロが続発しています。

ネット上のテロ関連の情報を自動的に発見する技術の開発等が、今後重要になってくる、とみられています。

ISが、これだけ勢力を拡大した基にある、貧困や移民の問題、宗教や民族にからむ問題など根本にあるものの解決に、長い視野で取り組むことが大事だと思います。

あわせて読みたい

「IS(イスラム国)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  5. 5

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  6. 6

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  7. 7

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  8. 8

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

  9. 9

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  10. 10

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。