記事

米政権、カスペルスキーのソフト調達停止 サイバー攻撃懸念で

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米政権は11日、政府機関がハイテク機器を調達する指定業者からモスクワを拠点とするカスペルスキー研究所を除外した。同社製のソフトウエアを巡っては、ロシア政府が米国内のネットワークに侵入するために利用する恐れがあるとの懸念が広がっている。

米連邦調達庁(GSA)の声明によると、ITサービスやデジタル写真機器などを含む製品の調達業者リストからカスペルスキーを除外したという。

GSAは注意深く検討した上で決定したと説明し、重要なのは米政府のシステムとネットワークの保全と安全を確実にすることだと述べた。

一方、カスペルスキーは「いかなる政府ともつながりはない。これまで世界のどの政府のサイバースパイ行為も支援したことはないし、今後もするつもりはない」とする声明を出した。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  2. 2

    国内に虚勢張る韓国 外交で難点

    NEWSポストセブン

  3. 3

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  4. 4

    現金ばかり 日本と変わらぬ台湾

    川北英隆

  5. 5

    維新が森ゆうこ議員の懲罰を要求

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    深い憂慮 維新が香港に公式声明

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    駐韓米軍が一部撤退も 負担巡り

    ロイター

  8. 8

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    安倍首相だけを批判する朝日の罪

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    桜を見る会 首相収支報告に疑義

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。