記事

米政権、カスペルスキーのソフト調達停止 サイバー攻撃懸念で

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米政権は11日、政府機関がハイテク機器を調達する指定業者からモスクワを拠点とするカスペルスキー研究所を除外した。同社製のソフトウエアを巡っては、ロシア政府が米国内のネットワークに侵入するために利用する恐れがあるとの懸念が広がっている。

米連邦調達庁(GSA)の声明によると、ITサービスやデジタル写真機器などを含む製品の調達業者リストからカスペルスキーを除外したという。

GSAは注意深く検討した上で決定したと説明し、重要なのは米政府のシステムとネットワークの保全と安全を確実にすることだと述べた。

一方、カスペルスキーは「いかなる政府ともつながりはない。これまで世界のどの政府のサイバースパイ行為も支援したことはないし、今後もするつもりはない」とする声明を出した。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  9. 9

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。